カテゴリー「未来塾2009年度」の12件の記事

2010年3月16日 (火)

3月14日(日曜日)「みずすまし未来塾」付け足し講座「味噌づくりをしよう」を開催しました。

毎年、未来塾の付け足し講座として、希望者に味噌づくり講座を開催しています。
味噌づくりは、地域の食材を使い、先人の知恵の結晶といっても良いほど、たくさんの加工の技を学ぶことができます。
また、手前味噌と言われるように、自分で作った味噌は、誰の作ったのより、美味しく感じるものです。
昔はどこの家でも、味噌づくりをしていましたが、最近は、少なくなってきているようです。
Misodukuri1_2昔からの生産文化や生活文化が失われていくのはやはり寂しいものです。

ちょっと手間隙を惜しまなければ、美味しい自家製味噌ができることを多くの方々に知っていただき、農村の地域に根ざした加工の技をみんなで引き継いで行きたいものです。そんな訳で毎年、付け足し講座として開催しています。

昨年は4月に入ってから開催しましたが、今年は1ヶ月早めての開催です。
もうすぐ春の彼岸の時期なのに、寒い北風の吹く、日曜日の開催となりました。

地元産の「タンレイ」と言う種類の大豆と、お隣の桃生産の工事を使って作りました。
「タンレイ」は納豆や豆腐に使われる、甘味のある大豆です。
県内の生産量は「ミヤギシロメ」に続く第2位の生産量を誇る美味しい大豆です。
前日から水につけておいた、大豆を柔らかくなるまで、煮ます。Misodukuri2
その後塩きり、煮た大豆をつぶす作業を行い、塩きりした麹と塩に、つぶした大豆を混ぜ、大豆の煮汁で堅さを調整して、タルに漬け込みます。
漬物用のビニール袋に入れて、密封して醗酵させる、密封方式と言う方法で、味噌を仕込みます。
どうしても、味噌の醗酵途中で、カビが生えるので、空気を遮断した、密封方式の方が初心者には向いているようです。
密封をしても、味噌が醗酵するだけの空気は、ちゃんと残っているので、十分に味噌は醗酵します。

土用の頃に、、天地返しといって、味噌だるの底の方と上の方を混ぜ合わせ、醗酵の均一化と空気を入れるための作業を行ないます。
その頃には、気温の上昇とともに、醗酵が進んでいて味噌の香や色がついてきています。
一夏が過ぎれば、味わうことができます。
置く場所等その家々の環境によって醗酵の度合いも違いますし、味も違ってきます。
Misodukuri4_3 手前味噌といわれる所以です。

味噌仕込みが終わった後、昨年作った味噌と、男沢世話人の家出作っている赤味噌で、生のりとふきのとう、なめこの味噌汁で昼食をいただきました。

管理で心配なのは、カビです。
基本的に味噌は必ずカビが生えます。かびてびっくりする方もいるようですが、麹そのものもいわばカビですし、空気に触れるところには色々なカビが発生します。
かびても、心配しないで、あおかびや黒かびなどを丁寧に取り除いて、少々食塩を蒔いておけば大丈夫です。
管理人の味噌も毎年の様にカビが発生します。
その度に、丁寧にカビを取り除いて、管理しています。
Misodukuri5 たまに、管理人の味噌の様子をお知らせしますので、参考にしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

3月14日日曜日みずすまし未来塾つけたし講座「味噌づくりをしよう」を開催します。

2009年度の未来塾の今期のテーマは「見直そう自然の恵み・ふるさとの食材」です。
3月14日に2009年度の未来塾のつけたし講座「味噌づくりをしよう」を希望者を対象に行います。地元産の「みやぎしろめ」大豆と桃生産の麹で、しかも自分で作った味噌はどこの味噌よりおいしいものです。
希望者が当初予定より少なかったので、若干の余裕があります。
これを見て、作ってみたいと思った人がいた場合は、管理人にメールでお知らせください。
材料の実費味噌4kgで1,500円程度かかります。
ちょっと手間隙をかけて、手前味噌をつくってはどうでしょうか。
管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

12月6日(日曜日)「みずすまし未来塾」第7回塾と卒塾式を開催しました。

いよいよ今年度最後の活動となりました。第7回塾は「豆腐をつくろう」と卒塾式です。野菜の収穫も行ないました。
前の晩は大雨でどうなるかと思っていましたが、畑の野菜は元気いっぱいでした。(雨でみずみずしさが倍増したような・・・)
アグリステーションの畑に集合し、白菜とキャベツの収穫をしました。
包丁を根本に入れてやると、「ザクッ」と音がして、本当においしそうな白菜とキャベツを収穫できました。
これらの野菜は完全無農薬です。(手をかけていなかった・・・という性もありますが・・・)
葉物野菜での、無農薬は、青虫がついて、本当にむずかしいのに、よく育ったと思います。
虫の穴が少しあいていても、それは、安全の証明です。

Toufu1 畑での収穫の後、体験実習館に移動して、豆腐づくりです。
前の日から「うるかして」おいた大豆を水と一緒にミキサーで粉々にしていきました。
グループによって粉々具合が違いましたが、まあ、気にしない・・・。
次に、この粉々にした大豆どろどろ液を鍋で煮ていきます。
沸騰するとこぼれるようになるので、注意しながら加熱していきます。
沸騰させてから、15分程度弱火で煮て、その後は、布袋に入れてしぼりました。
これで、「豆乳」の完成です。そして、残ったかすは「おから」です。
グループによっては、煮込む前に、冷たい状態でしぼってしまうという方法に挑戦したところもありました。(どっちがおいしくできたでしょう。)
次に豆乳を温めて、にがりを入れます。豆乳ににがりを入れるときは、温度が大切です。
グループごとに、温度計で確かめてもらいながら、70~73度で、にがりを入れてもらいました。
豆乳を温めながら、「ゆば」を取っていた人もいました。この湯葉もすごく美味しいです。
にがりを入れたなべのなかに雲がわき上がるように、豆腐のかたまりが出てきました。
Toufu2 さらしを引いた「ざる」(直接、ざるに流し込んだグループもありました。)に、かたまりの出てきた液を流し込んで、豆腐だけを取り出しました。おいしそうな豆腐の完成です。
作った豆腐は、夕食の楽しみとした家族が多かったようです。
食べた人の感想を聞くと、『「豆のチーズ」のような感じ』とのことでした。
「おから」も大切に持ち帰りしていただきました。(しぼり方がどうしてもゆるいので、「おから」に旨みが残って普通の市販されているおからとは大違いです。)

豚汁で昼食をとった後、閉講式を行いました。
阿部塾長から、「石巻市民憲章の内容と未来塾で取り組んでいることが一致している。」という話をがありました。(参考までに石巻市民憲章は以下のとおりです。)
今年取り組んできた活動の振り返りと塾生の成長について、まとめていただきました。

参考 
石巻市民憲章
    太陽の恵みを受け、
   太平洋と北上川に育(はぐく)まれた「日(ひ)高見(たかみ)の国(くに)」。
    わたしたちは、この美しい郷土を愛し、
   笑顔あふれる希望のまちをつくり伝えるため、
   ここに市民憲章を定めます。
 
    まもりたいものがある
     それは 生命(いのち)のいとなみ  
          豊かな自然
       つたえたいものがある
      それは 先人の知恵
          郷土の誇り
    たいせつにしたいものがある
     それは 人の絆(きずな)
          感謝のこころ
    わたしたちは 石巻で生きてゆく
     共につくろう 輝く未来

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月8日(日曜日)「みずすまし未来塾」第6回塾を開催しました。

第6回塾は「ハーブを知ろう・ソーセージを作ろう」です。
ソーセージ作りをとおして、さまざまなハーブ(スパイス)の働きを学びながら、同時にふるさとの食材を堪能しました。
ナツメグ、セージ、コリアンダー、オールスパイス、ガーリック、コショウ・・・・。
結構ありますが、皆さんは何をご存知ですか?。
So2 コショウは誰でも知ってるでしょう。またナツメグはハンバーグによく使いますが、そのほかは、あんまり知らないと言うのが普通ではないでしょうか。
肉の臭みを消したり、香りをよくしたりさまざまな役目があるハーブやスパイスですが、今回は色々なハーブスパイスを使ってソーセージ作りを行いました。
はじめにひき肉をミンサーで2度挽きします。羊腸は、水につけて戻しておきます。
引いた豚肉に、塩、佐藤、好みの抜くの臭みけしと香り付けのためのスパイスやハーブを入れます。
温度が上がらないように、ひき肉を冷やしながら、冷たく冷やした手でよくこねます。温度が高くなると脂身が溶け出し、ぱさぱさのソーセージになってしまうからです。
水の戻しておいた洋腸を口金にセットし、小ネタひき肉を絞り袋に入れます。
Souseizitukuri1 袋に体重をかけながら、搾り出していくと、ソーセージの形が現れます。
適当な部分でねじって、なべでゆでていきます。沸騰しない温度(7,80度)で30分ほどゆでてできあがりです。
出来上がったソーセージは、ハーブスパイスの足りなかったもの、羊腸が破けてしまったもの、こねる温度が高かったため、脂身が解けてぱさぱさになってしまったものもありましたが、何とか食べられるソーセージもできました。
作ったソーセージと畑で収穫したキャベツ入りのコンソメスープで昼食です。
今回は、地元に豚肉を使用できませんでしたが、東京Xというブランド名の霜降り豚肉に負けない、河南X(みずすまし会員が勝手に名前をつけました。)という美味しい地元の豚肉もあります。
今度は、地元の豚肉を使って作ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

10月18日(日曜日)「みずすまし未来塾」第5回塾を開催しました。

第5回塾は「柿を収穫しよう・干し柿を作ろう」です。
今回は、畑の収穫もあり、30分早く9時半から始まりました。
はじめに、春に植えたサツマイモやサトイモの収穫をしました。
その後柿の収穫を行い、干し柿を作り、芋煮でお昼を食べました。

Imohori2_2 サツマイモの収穫は、はじめに蔓を取り除き、次に草が生えないようにしていたビニールを取り除いて収穫です。
芋づる式とは言うけれど、今年のサツマイモは、育ちが良くて、蔓を引っ張ると、まるで大きなカブのようなものや直径15cmくらいのものが、たくさん収穫できました。

サトイモも、茎を鎌で切ってから、スコップで掘り起こして、収穫です。
Imohori3 種芋に固まってる小芋を一つ一つばらしながら、収穫しました。サトイモの収穫は初めてと言う塾生もいました。
こちらも豊作です。
前回植えた、白菜やブロッコリーの生育も順調で、12月の最終塾で収穫できそうです。

Kaki1 次は柿の収穫と干し柿作りです。
近くにある只野代表の柿木まで、歩いて移動し、竹や高鋏を使って収穫しました。
干し柿の場合は、紐にくくり付け易いように、枝を柿につけて収穫しました。
Kako2

枝をつけられなかったものは、柿に竹串で穴を空けて紐を通しました。
昼食は、味噌味のいも煮(サトイモの入った豚汁)です。
自分たちで植えた畑の収穫をはじめ、収穫の楽しみを味わった一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

9月13日(日曜日)「みずすまし未来塾」第4回塾を開催しました。

9月13日(日曜日)「みずすまし未来塾」第4回塾を開催しました。
第4回塾は「栗ひろいをしよう」です。
Kurihiroi11 9月6日開催の予定でしたが、栗の生育が遅れたため、1週間のばして開催しました。
朝は雲ひとつ無いいい天気でしたが、農業体験実習館に集合した頃は、雨が降ってきました。
集合後、栗林を提供してくださる、竹の子堀でお世話になった大島さんの栗林に移動し、大島さんのご指導で、栗拾いの開始です。
今回は石巻日日新聞社の記者の方が取材に来ていました。
栗林は、毎年お借りしているのですが、草を刈り払い、きれいに整備されていました。
早生の栗も最盛期のようで、たくさん落ちていました。
栗の拾い方を教わりながら、30分ほどで、持ってきた容器や袋にいっぱい拾いました。
虫のついた栗の見分け方や栗の煮方、てんぷらなどの料理の仕方を教えていただきました。
虫のついた栗は、水につけると浮くので、それらは除くこと、薫蒸処理をしないと、すぐ虫がつくので、その日の内に煮るか、加工するするか、冷蔵庫に保管などすること、また、煮るときは、ひたひたの水で、水分があくなるまで煮ると、ホクホクに仕上がるとか、色々教えていただきました。

Hatakenosyuukaku1 栗ひろいのあとは、アグリステーションに移動し、野菜の収穫(モロヘイヤ、枝豆、ピーマン、ナスなど後、白菜、キャベツ、ブロッコリーの苗を植え付けました。





Uetuke1











その後、今回は時間がないので、スタッフの用意した、栗ご飯と、地元の漬物で昼食です。
天気が良かったので、みんなで外で昼食です。
漬物も、栗ご飯もおいしかった。

Ohiru1 里山の恵み、里の恵みを満喫した一日でした。
そう言えば、塾生のお母さん方と話したんですが、子どもさんが何か農業に興味を持っている人もいるとかで、将来、農業に携わる人なんかが塾生から出てくるかも知れません。
さて次回は、柿です。
管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

7月11日「みずすまし未来塾」第3回塾を開催しました。

第3回塾は「野菜を収穫しよう・餃子を作ろう・蛍の観察をしよう」です。
Kusatori  今回は、土曜日の開催です。午後から「アグリステーションかなん」の畑に集合し、第1回目に植えた畑の草取りと、収穫を行いました。
畑は、結構雑草が生えていましたが、30分ほどできれいに雑草を採ることが出来ました。
収穫は、じゃがいもです。小さいものから大きいものまで、完成を上げながら収穫していました。
春に植えた、モロヘイヤやしそ、ピーマン等も収穫できました。
また、枝豆やとうもろこしも順調に育ってます。ただ、キャベツは無農薬なので、青虫の食害で食べ尽くされていました。
サツマイモは、植えたときに雨が少なかったので、生Syuukaku 育は少し悪いようですが、何とか秋には収穫できそうです。
さて、農業体験実習館に戻って、餃子作りですが、本格中国餃子です。
最初は、皮を作るための準備です。
薄力粉1に対し強力粉1の割合で(4人分40個くらいだと、200gづつ400gくらいです。)まぜ、温湯を1の割合で混ぜて、練ります。
十分に練って、濡れふきんをかけて寝かせておきます。
キャベツ(適量)をさっと湯にとおして、みじん切りにし、水分を絞ります。にら1束ほどをみじん切りにします。
また、干しえびを戻しておいて、みじん切りにします。
ひき肉(4人分で200gほど・もう少し多くても良い)に鶏がら」スープの素、サラダ油70cc、料理酒適量、醤油少々、塩、干しえびを加えて混ぜます。
混ぜ方は、必ず同じ方向に手を回転させて混ぜます。ひき肉に粘りが出てきたら、キャベツとにらを入れて更に混ぜて、具は完成です。
いよいよ皮つくりです。練った粉は、太さ3cmくらいの棒状にして、包丁で2cmくらいずつ切ります。
Gyouzatukuri2_2 切るときは、棒状の練った粉を90度づつ回転させながら切ります。そうすると、つぶれても、まるく伸ばすことが出来ます。
きったものを、手の平で円形につぶし、麺棒で伸ばします。
左手で円形の上側を人差し指と親指でもち、右手で麺棒を上下に回転させながら、直径10cmほどに伸ばします。
麺棒で伸ばすときは、皮の半分くらいでとめ、麺棒を下に回転させると同時に、左手で、皮を時計と反対方向に90度回転させます。
これを4回するとほぼ丸く伸ばせます。
結構難しかったです。丸くなくても、具を包めるので、あまり気にしないで伸ばしました。
伸ばすとき、皮に半分ほどで麺棒を止めると、皮の中心が少し厚くなって、包むとき破けなくて楽です。
具を包んでから、ゆでます。
わいた井祐に入れて、餃子が浮き上がってきたら、差し水を200cc入れて、餃子が膨らんで浮き上がってきたら、出来上がりです。
皿に網しゃくしですくいます。たれは、好みですが、酢と醤油1対1(酢が好きな人は多めに)好みで、ごま油やラー油、にんにくなどを入れたたれをつけて食べます。
今日の餃子は、キャベツの甘味と、干しえびやひき肉のうまみがあり、大変おいしくいただきました。
餃子は中国ではおかずでは無く、主食とのことで、腹いっぱい食べました。
Yuusyoku 中国では、中に入れる具も、インゲンだったり、ズッキーニだったり、キャベツや白菜以外も入れるそうです。
7時頃には幾分暗くなったので、蛍の観察に出かけました。
明るい時間は見られなかったのが、7時半過ぎには、ちらほらと蛍が見つかりました。
幻想的な蛍の光に歓声をあげながら、子どもたちは大騒ぎです。
ふるさとの食材を使った中国の料理を作ったり、蛍の飛び交うふるさとの自然知り、有意義な半日を過ごしました。
未来塾は、9月まで夏休みです。
再開は、9月の栗ひろいです。
次回もお楽しみに。
管理人でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

6月14日 日曜日「みずすまし未来塾」第2回塾を開催しました。

第2回塾は「いちご摘みをしよう」です。
石巻市は県内第2位の生産量を誇るイチゴの産地です。
しかも、産直出荷が多いそうで、地元のスーパーなどでもお目にかかる機会が多いのも特徴だそうです。
Itigotumi1_2 今回は、旧河南町の和渕の鈴木実さんのご指導、ご協力で、イチゴ摘みを行いました。
摘んだイチゴで、イチゴジャムをつくり、昼食のパンにつけていただきました。

アグリステーションに集合したあと、和渕の鈴木実さんのハウスに移動してイチゴつみです。
初めに、鈴木さんと奥様から、イチゴの摘み方や注意点などを教えてもらい早速ハウスでイチゴつみです。
今年は、イチゴの受粉に必要なミツバチが不足し、実りはあまりよくなかったそうです。
でも、ハウスには真っ赤に熟したとちおとめというイチゴがたくさん実っていて、塾生や保護者は夢中で摘みました。
Itigotumi2 摘みながら鈴木さんから、イチゴの病気や暑いハウスでの作業の大変さなど栽培の苦労をお聞きしました。
収穫だけだと楽しいのですが、栽培の苦労をお聞きすると、もっと味わって食べなければとつくづく感じます。
暑いハウスの中で、30分もすると、持ってきた容器いっぱいになり、塾生はもとより保護者も満足顔です。
イチゴ摘み体験がはじめての方が多くて、来年もしたいなどの声も聞かれました。
今度から、イチゴを見るたびに、イチゴ栽培の苦労とともに、ハウスを開放してくださり、また親切に指導してくださった、鈴木さんご夫婦のやさしい笑顔を思い浮かべることと思います。
栽培農家の汗と苦労がおいしい地元のイチゴを育てているんだと実感しました。
鈴木さんにお礼をした後、農業体験実習館に移動して、イチゴジャムつくりです。
ブルーベリージャム作り名人の只野代表の指導の予定が、所用があって、管理人斎藤の指導でジャムつくりです。
只野代表の直伝のジャムをつくりました。今回は4班に分かれて、つくりました。
Zyamutukuri イチゴのへたを取って、軽く洗い、イチゴの分量の3割から4割ほどの少な目の砂糖で甘さを抑えて作ります。
時間がないので、洗ったイチゴに砂糖をまぶし、へらで少しつぶして、強火にかけます。
5分~10分すると煮立ってきますが、灰汁を取りながら強火で煮ていきます。
沸騰すると部屋中いちごの甘いにおいでいっぱいです。
火を弱めると、出来上がりの色が悪くなるので、ふきこぼれないように寸胴のなべを使い、強火で20分から30分ほど煮ます。
レモン汁を加えて、固まるかどうか確かめて、完成です。確かめ方は、コップに水を張って、ジャムをたらしてみて、散らないで底に残れば完成です。
カセットコンロを使ったので火力の弱い班もあり、各班それぞれ特色のあるジャムに仕上がりました。
Zyamu フルーティで美味しいジャムが出来上がりました。
地元野菜のコンソメスープとつくったジャムで昼食です。
自分たちで摘んで自分たちで作ったジャムは最高でした。
残ったジャムは、瓶に入れて持ち帰りました。
今回のジャムは、砂糖が少ないので、日持ちがしないため、冷蔵庫で保管し、早めに食べます。
地元の食材のおいしさやすばらしさやそれに携わる方々とのふれあいの中で収穫の楽しさや育てるご苦労など、塾生Tyuusyoku は多くのことを学んだ一日になりました。

管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

5月31日日曜日2009年みずすまし未来塾 入塾式と第1回塾を開催しました

今にも雨が降りそうなあいにくの天気でしたが、みずすまし未来塾の入塾式と第1回塾「竹の子掘りをしよう」を行いました。

今年の塾生は親子で60名です。すごい人数ですね・・・。毎年断りきれなくて、ついつい受け入れてしまうんです。保護者の方のご協力で、何とか乗り切りましょう笑。

Nyuuzyuku 入塾式では、塾長の阿部が、歓迎の挨拶や未来塾の趣旨を説明し、その後未来塾の恒例のルールの説明がありました。

スタッフ紹介では、高校生2人、大学生1人がボランティアスタッフとして手伝ってくれるので、紹介しました。

竹の子堀に移動しようとしたら、雨が本降りになりましたが、毎年ご協力いただいている、大島さんの竹林は、手入れが行き届いていて、多少の雨でも大丈夫でした。

はじめに大島さんから、竹の子の話や掘りかたなどを教えていただきました。

今年は雨が少なかったので、出来はあまりよくなく、気温も高かったので、収穫も終期になっているとのことでした。

それでも、穂先竹の子(少し大きくなった竹の子の上部の柔らかいところ)の美味しさ、調理の仕方などなど教えていただきました。

竹の子のみそ炒めも美味しいそうです。

Takenkohori 早速竹やぶに入って、思い思い収穫しました。数え切れないほどの竹の子を掘って、思う存分楽しんでました。収穫は楽しい!。

収穫後、コロボックルハウスに移動し、竹の子ご飯を食べながら塾生や参加家族の自己紹介をしました。

 イチゴ摘みや竹の子堀りが楽しみ、畑での野菜作りをしたい、いろいろな体験をしたいなどの豊富が聞かれました。昼食の片付けの後、只野会長の畑に移動し、苗や種の植え付けを行いました。

今年も、サツマイモ、ナス、ピーマン、キャベツ、唐辛子、しその葉、モロヘイヤ、枝豆、とうもろこし・・・、たくさんの種類の野菜を植えつけました。

その中のいくつかは、第3回目の地元食材を使った本格餃子作りに使えそうです。

Hatakeuetuke 手入れをしながら、夏から秋の収穫が楽しみです。

竹の子林での竹の子堀りや竹の子ご飯作り、畑での苗の植え付けなど、忙しい第1回塾でしたが、参加された塾生や保護者の方もふるさとの自然の豊かさを満喫した一日となりました。

次回は、イチゴ摘みとジャム作りです。今年は、イチゴの受粉に使う、ミツバチが不足して、実りが悪く、開催が出来るかどうか、心配です。

どうなるのでしょうか・・・。

管理人でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

5月31日 日曜日 2009年みずすまし未来塾第1回塾を開催しました。

ホームページは更新しましたが、ブログは明日更新する予定です。

少しお待ちください。

管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)