カテゴリー「過去の日記帳からの移行分」の17件の記事

2007年1月26日 (金)

カナン未来塾に参加しての塾生のみなさんの感想の一部を紹介します。

塾生の感想の一部です。

「僕は参加する前、未来塾ってどんな事をするのかわからず一応参加してみました。チェーンソーを使ったり、山に入ってつたや山菜取りをしたり、まさかこんなことをすると思いませんでした。僕にとって未来塾は大きな思い出となりました。」

Kinobassai1年間いろんな事ができて楽しかったです。リースづくりは一番面白く、身近な材料で作ったのが印象に残っています。来年も参加したいです。」

「知らない人との集まりでふれあえたことがよかったです。」

「ものをつくる事が楽しかったです。ものをつくっている途中の経過や料理して食べたのがおもしろかったです。」

「木を切ることやくんせいづくり、竹の器づくりなど初めて体験するものばかりで、普段体験できないいろいろなことが学べて良かったです。」

「もう一回やりたいなー。虫の採り方を教えて欲しい。木を切るのも面白かった。たけのこや燻製のちくわがおいしかった。山の花や草で食べられるものを教えて欲しい。」

ご父兄の方からの感想や要望の一部です。

1年間楽しく通わせていただき、自然の中でゆったりとして、充実した時間を過ごせました。里山の恵みを実感することができました。里山の恵みへの恩返しで、里山を守る作業や育てる仕事を体験してみたいです。身近な地球温暖化の話を子どもたちに話してもらいたいなあと思います。」

「子どもがさまざまな体験活動をとおして、自分自身に自信がついたようです。今度は作物がどのように育っていくのかを学べる体験がしたいです。」

「自分が子どもの頃は自由に栗拾いや山菜採りができましたが、今は自由に山に入ることもできないので、この活動は、子どもたちにのびのびと自然に触れることができるとても良い機会でした。」

「普段親と子どもでひとつのものを作るという機会がなく、一緒に作業することができて印象に残りました。」

「初めて体験することばかりで、毎回待ち遠しくしてました。店頭でしか手に入らないものを自分の手で採取するという自然の恵みに感激をさせていただきました。田植え、稲刈りなどの農業体験や、味噌、豆腐づくりや、餅つきなども子どもに体験させてみたいです。」

さて来年度はどんな未来塾が待っているんだろうか・・・?

いっしょに楽しみましょう!

管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第7回塾を開催しました。

12月10日(日)カナン未来「クリスマスリースをつくろう」を開催しました。

Risudukuri4今回は、10月に旭山体験実習館の近くの里山であけびややまぶどう、藤などのつたを採り、柔らかい内にリースの土台になるように加工しておいたものを使いました。

 大きさやつたの種類が違うので、自分の好みにあった土台を選んで、それに、ひいらぎやまつぼっくり、リボンなどの飾り付けを行ないます。

講師は、カナン未来塾の卒塾生のお母さんの鈴木さんと男沢世話人の奥さんの2人です。

 ひいらぎのつけ方やまつぼっくりのつけ方を最初に教えていただき、早速和気あいあいとリースづくりです。

 親子が共同で作る人もいれば、別々に作る人など、作り方も自由です。

 ひいらぎをたくさんつけて豪華さを出す人、金や銀のスプレーで色をつける人…・。作り方も個性が出ます。

 2時間ほどで豪華なリースができました。できあがった作品は、個性あふれるものばかりです。

  Risudukuri2_2 参加者は、里山の身近な材料を使って案外簡単に豪華なリースが出きることに驚いていた様です。自分の作ったリースは手前味噌と同じで、一番です。

 「どこに飾ろうか…。玄関、部屋の中、ドアにはどうかな?。」親子のそんな会話も聞かれました。

そうそう、クリスマスリースの由来って分かります?。

 北欧方は冬至の頃に、太陽がほとんど出なくなるので、太陽の光が恋しくて早く光が差しますようにとの祈り・願いを込めて常緑樹の葉を丸めて、リースを作ったと男沢世話人が教えてくれました。私の記憶違いで無ければですが…。

 Risudukuri3 リースづくりの後、卒塾式と食事会をしました。7回の塾を通して、知り合った塾生同士、父兄、スタッフのみんなで1年を振りかえりながらひとときを過ごしました。7回の里山での体験で、さまざまなものを学んだろうと思います。塾生の感想はまとまり次第お知らせします。

管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

第6回塾を開催しました。

初冬の木枯らしのような寒い風が吹く、11月12日の日曜日、第6回塾「くん製をつくろう」を開催しました。

今回は、ダンボール箱を使って冷薫といってあまり温度をあげない方法で作りました。

材料は、ダンボール箱、金網、竹串、チップ(今回はさくら、なら、くるみ、りんご)、アルミの皿です。

くん製にする食材は、ささかまぼこ、ちくわ、チーズ、ウィンナーソーセージ、ボイルしたホタテ、ホタルイカ、さばの干物、鮭の切り身と各自が持ってきたゆで卵などです。

はんぺんを持って来た塾生もいました。

Kunseidukuri6 作り方を説明します。

最初に、くん製にする食材を竹串に吊るせるように、食材にクリップを差し込みます。それらを洗濯干し台に洗濯物のように吊るして、風にあてて乾かします。水分が多いとうまくくん製にはならないので水分を飛ばすためです。

次にダンボール箱の加工です。食材を吊るすと同時に吊るせない食材(ゆで卵やはんぺんなど)を乗せる焼き網を乗せるために竹串をダンボール箱に刺します。

箱の上だけを折りたたんで、反対側はそのままにしておきます。

Kunseidukuri4 竹串に食材を吊るし、焼き網にも食材を乗せます。

アルミの皿にチップと炭(少し温度を上げると同時に、チップに火がつきやすいように使います。)に火をつけて入れておきます。

その上にダンボール箱をかぶせ、チップがうまく燃える(煙る)ようにダンボールの隙間で空気を調節しながら、1時間ほど燻製にします。

食材がだんだんと茶色に変化しますので、焼き網に載せたものは30分ほど経ったら裏返します。

Kunseidukuri2 さてさて、完成したくん製の味見です。

チップの種類によって香りや味が異なる様です。

くるみは独特の苦味のような味がしました。肉類に向くとのことです。りんごはやや香りが強く仕上がるように感じました。

味見した結果、管理人はちくわとささかまぼこが一番おいしかったです。チーズもいい味でした。おつまみには最高です。

しかし…、ボイルしたほたては水分が多くて失敗でした。十分干すといい味になると思います。イカは、別物になりました。イカの味がまったくしなくなり、食感だけがイカでした。干物は後で焼いて食べましたが、結構いける味でした。

Kunseidukuri3 食材毎にくん燻製にする時間を調整して自分好みにしたり、くん製する前に味をつけたり、チップの種類を変えたりして、今度また挑戦してみようと、一緒に参加した塾生のお母さんが感想を語ってくれました。

身近な里山に見られる山ざくらやくるみ、ならを利用してみましたが、いろんな利用方法を体験し、それらの木々を見る目が変わったのではないでしょうか。

体中煙のにおいが消えない1日でした。

そうそうきのこ採りは今回も時間が無くてできませんでした。来年に延期しよう…・。

次回は早いもので最終回です。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

第5回塾を開催しました

Kinorousoku210月15日(日)カナン未来塾第5回塾「木のろうそくをつくろう・きのこ採りをしよう」を開催しました。

秋晴れの天気に恵まれた中、今回は7月に間伐した杉の木を使って、木のろうそくづくりです。

講師に東松島市鳴瀬の馬場さんをおむかえして、チェーンソーの使い方や木のろうそくの作り方を指導してもらいました。

木のろうそくってそもそもなんだろう…。分からない?!?!…。

当然ですよね。

Kinorousoku 木のろうそくは、間伐した杉の丸太を4、50cmから1mくらいの長さに切り、さらに丸太を写真のようにチェーンソーで縦に切り口を入れたものです。

真中に火をつけると、切り口から空気が入って、丸太のまま、大きな炎にならないで、まるで巨大なろうそくの様に結構長い時間燃えつづけます。写真のろうそくは1時間ぐらい燃えつづけました。

やにの多い松の木で作ると、火力が強いのでダッチオーブンを乗せて調理もできます。災害時のまき代わり等にも使えそうです。

Kinorousoku3 キャンプファイヤーのときにろうそく代わりに使ったりと夜、屋外で燃やすと結構ムードが出ます。まきを燃やすのと違って、後始末も簡単ですし、間伐材の活用としては、案外使えそうです。

馬場さんにチェーンソーの使い方を教わった後、実際にチェーンソーに初めて触った子どもたちは、エンジンの大きな音と振動にびっくりしていました。

今回は、木のろうそくづくりのほかに、12月の塾で使うリースのつたを近くの山で採取しました。

山葡萄、あけび、ふじなどのつたを採取し、柔らかいうちに直径30cmくらいの輪にまいて、乾燥させておきます。

12月にそれにまつぼっくりや木の実、ひいらぎの葉などで飾り付けをして、クリスマスリースを作ります。

Tyuusyoku あまりに天気がいいので、子どもたちから「外でご飯を食べたい。」と声が上がり、終了後屋外で昼食を食べました。体を使っての作業の後のせいか、子どもたちは用意した海鮮汁のおかわりをしながら食欲旺盛でした。

里山の豊かな産物を使っていろいろなものを作りましたが、野外で体を動かす心地よさと共に、里山の自然の恵みを再確認した1日でした。

追伸 きのこ採りは次回に延期しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

第4回塾を開催しました。

9月24日(日)カナン未来塾第4回塾「栗拾いをしよう」を開催しました。

Kurihiroi2_2

カナン未来塾「里山を体験しよう」の後半がいよいよスタートしました。

学校が夏休み期間中は、地域での活動が多いため、カナン未来塾も夏休みでしたが、夏休みも明け、2ヶ月ぶりに後半がスタートしました。

台風の影響も受けず、秋晴れの好天の中、最初に塾生の大島さんのご好意で、大島さんの栗林をお借りして、栗拾いを行ないました。

下草刈りが行なわれ、きれいに手入れされた気持ちのいい栗林でした。大島さんの日頃のご苦労がしのばれました。こんな風に多くの里山が手入れされているともっと里山の魅力が発揮できるのと感じました。

栗林には、大粒の栗がいっぱい落ちていて、子どもたちも親の人たちも無我夢中で栗拾いを行ないました。いがと格闘しながら1時間ほどでビニール袋いっぱいに拾いました。

拾った栗は、2.3日経つと虫がつくので、保存は水に浸しておくか軽くゆでるといいとか、虫がついた栗は、水に浮くので、それを選別するとか、栗のてんぷらや栗の唐揚げ、渋皮煮などの料理方法も教えてもらいました。

春の山菜、たけのこ、今回の栗拾いと里山の自然の恵みの豊かさに参加者はみんな驚いていました。

昼食の後、希望者はアグリステーションで「枝豆」の収穫です。

数ヘクタールという広い面積に栽培するので、収穫は機械で行ないます。でも機械での収穫はどうしても枝に豆が結構残るので、残った豆を好意で収穫させてもらいました。(半分くらいは枝に残っている様に見えたんだけど…・もったいない…。)

「秘伝」という茶豆(青豆か?)で、香りが強くて甘味があって、非常においしい枝豆です。(ちなみにアグリステーションでは1Kg500円の格安で売っていました。)

枝豆の収穫も初めてとあって、こちらも無我夢中でもぎ取りです。1時間ほどでビニール袋いっぱいの収穫です。(事務局の齋藤は1時間で5Kgくらい収穫してきました。)里山の恵みを十二分に満喫した1日でした。

その日の夕ご飯は、きっと栗ご飯に枝豆かずんだお萩にゆで栗…だったかもしれませんでした。

大島さん、只野さん本当にありがとうございました。

里山って本当にいいな…。地域の良さをあらためて発見できた1日でした。

Edamame

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

第3回塾を開催しました

005221 7月9日(日)カナン未来塾第3回塾「木の伐採をしよう」を開催しました。

杉林に入って、実際に間伐の仕方を体験しました。

杉林は昼でも薄暗くて、背丈の低い杉はあまり育ってませんでした。そうした木を間伐し、日がよく当たるようにするそうです。

当日は森林の役割、手入れの仕方、木の切り方、のこぎりに使い方などを、元営林署の所長をしていた成澤さんに教えてもらいました。

木は、南側が枝や葉が茂り、一般的に重心が南側に片寄っているそうです。

重心があるほうに木は倒れるので、そちら側を最初に3分の1くらい切ります。

3分の1を切ったら、木の上からVの字に斜めに切り込みを入れます。

そうすると、切り口を作った方に倒れやすくなるし、切ったとき木が割れるのを防ぐそうです。

今度はいよいよ反対側です。切り口として水平に切った反対側の3センチメートル上を水平に切っていきます。

木が細い場合は倒す方に少し押しながら切ると切れやすかったです。

倒れるときは大きな声で「倒れるぞーーーー」と声をかけます。

もちろん切る前に、安全を確保しておきます。

「バサーーーー」と大きな音を出して木が倒れたときには、みんなで歓声を上げました(笑)。

倒した後、枝を切り、1メートルほどに長さに玉切りしました。

のこぎりの使い方が難しくてなかなか切れないようでした。

実際杉林に入って、木を切り、森林の役割や、林業の大変さを体で学んだことでしょう。

杉林は、初夏を向かえ、うばゆりややまゆり、水引草や山ホトトギスなどの草花も見られ、霧雨の中でしたがすがすがしい時間をすごしました。

前回できなかった、唐竹のたけのこ採りも、雨が強くなってきたのにもかかわらず、希望者だけ管理人の竹林で取り方をしました(爆)。

たけのこうまかった----。昼食は今回はトン汁たけのこ入り・・・。また・・・・・(泣).

管理人でした。

追伸 管理人がおっちょこちょいで、デジカメを杉林に持っていくのを忘れてしまいました。エーーー画像あるじゃん。そうです。塾生の小林さんと平塚さんが撮影した画像を使わせていただきました。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

第2回塾を開催しました。

Takekakou1_1

618日(日)カナン未来塾第2回塾「たけのこを採ろう」を開催しました。

たけのこの出るのが遅れていること、当日は雨模様だったため、今回はメニューを変えて行いました。

竹を使っていろいろなものを作ろうです(笑)。

「竹とんぼ」「竹を使った食器と箸」「水鉄砲」「紙玉鉄砲」の4コースに別れ、自分の作りたいものに挑戦しました。そのほか、竹馬やたこ、竹スケートなども会長の成沢さんが作ってきてくれました。

参加したお母さんの中で、ただ1人水鉄砲や、紙玉鉄砲を作ったことがあるだけで、子どもたちは、どれもはじめての挑戦でした。

ナイフ、なた、のこぎり、きりなどをの道具を使って、何とか完成しました。

竹とんぼもけっこう高く飛んだし、水鉄砲もうまくいったようです。紙玉鉄砲は、前谷地に住んでいる遠藤さんが作り方を教えてくれました。竹の食器は、実はお昼に食べるたけのこ汁の器と竹箸に使おうと思って作りましたが、もったいなくて使う人は誰もいませんでした(笑)。

身近な里山の竹を材料に、いろいろな道具を使って実際に自分で作るという体験をとおして、子どもたちは何を学んでくれたんでしょう。

里山の竹林も、昔と違って、竹の利用がほとんどないため、竹林は荒れてるのが多いようです。これからは、唐竹のたけのこのシーズンになります。次回は「木を切ろう」の予定ですが、唐竹のたけのこも採りたいと思います。人工林の手入れの仕方を学びそして竹林の実際を観察したいと思います。

次回は何が食べられるんだろう・・・。楽しみです(笑)。

管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

入塾式と第1回塾を開催しました

Sannsaitori2_2

心配していた天気も回復し,五月晴れのもと入塾式と第1回塾を開催しました。

塾生35名と保護者の方総勢で50人以上となり,みずすまし会員と卒塾生のボランティアでのスタッフで,事故もなくみんな腹いっぱいに終了しました。未来塾は「口から学ぼう」が隠しテーマになっていて,何かしら毎回おいしいものにありつけます。

参加者の自己紹介の中で,保護者の方が参加したくて子どもさんをだしにして参加くださった方も結構いらっしゃるようで,もしかしたら口から学んでるのは保護者の方かも知れません(笑)。

今回は,ミズ,うるい,やまうど,たらの芽,みつば,せり,たけのこと里山の山菜があつまり,いろいろな調理法にも挑戦しました。

ミズ,やまうど,せりとベーコンのいためもの・・・。あんまり聞いたことないでしょ。

でもこれが結構うまかったんです。特にせりとベーコン,やまうどとベーコン,味付けはしょうゆ味のほうがよかったようです。試してください。せりはおひたしや漬物が一般的ですが,炒め物もおいしいです。

食べ物ばかり書いてしまいましたが,今の里山は新緑がすばらしいです。

こんなに色があるんだろうかと驚くほどのさまざまな色の緑が美しく,また水田は田植えが終わり水田に水を張っているので,旭山からみる眺めはまるでみずうみに浮かんでるようです。

ぜひぜひ一度足を運んでみてください。

管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 7日 (日)

2月29日(日)味噌づくりに挑戦しました。


カナン未来塾第6期大豆を食べようの最終塾を行いました。
今回は味噌作りに挑戦です。
昔はどの農家も自家製味噌を作っていましたが,今はあまりないようです。
地元の大豆を使って,豊かな農村の生活文化を体験しようと,今回は味噌作りを行いました。
塾生以外に,募集の呼びかけをしたところ,大勢の大人!?の方が応募してくださいました。10組程度しか対応できないので,募集していただいた多くの方々にお断りをしました。すみません。
当日はテレビ新聞の報道機関が大勢取材に訪れ,びっくりしました。テレビでも紹介されたんですよ(笑い)。なぜなぜ・・・。味噌づくりがそんなにニュースになるの?!?!。そんなに関心があるの?!?!。食の安全への関心,ものづくりへの関心・・・・。
何より自分で地元の食材を使って作る事が見直されてる証拠でしょう。
考えてみると,ものを作るという生産活動が家庭の中でほとんどないのが現状ですよね。
豊かな生活って何だろうって考えさせられました。
管理人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月25日 (水)

ようやくページ更新しました。


カナン未来塾を再開してましたが,ページの更新が・・・・(笑い)
更新をしないうちに未来塾も最終回になりました。
味噌づくりに挑戦です。昔は何処の農家でも味噌を作っていました。手前味噌。自分の家の味噌が一番美味しい。丹精こめて作った味噌はきっと美味しいはずです。
終わり次第様子をUPしますね。
画像は,納豆作りのためのわらをすいている様子です。
これに懲りずたまに訪問してください。
掲示板にも感想を書いていただくと嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)