カテゴリー「未来塾2007年度」の9件の記事

2008年7月11日 (金)

管理人の仕込み中の味噌にカビが・・・

  先日、昨年度の未来塾のつけ足し講座(今年の4月6日開催)で作った、仕込み中の味噌の天地返しをしようかなと、様子を見るため容器のふたを開けたら・・。なんとカビが大量に発生・・・。
  びっくりして写真をとるのを忘れてしまいました笑。気温が高くなるにつれて、カビも結構出てきます。
  重石をしていたのでたまりが出ていたため、カビもあまり出ないだろうと思って安心していたら、なんとビニール袋の口が緩んでいたため、たまりがビニール袋の外に出てしまって、それにカビが生えてました。
  カビは外に出たたまりの部分だけだったので、丁寧に取り除き、たるや上蓋も熱湯消毒をしました。たまりも捨てざるを得ませんでした。前回様子を見たときにきちんと口を閉めなかったようです。
  ビニール袋の密封仕込だと、タルに直接仕込むより味噌の表面がカビる確率が少ないので、安心していましたが、たまりがかびるとは・・・。
  Misonoyousu1 でも、ビニール袋の中身はぜんぜんカビてなくて、空けてみたら御覧のとおり大丈夫です。米麹が白く粒が残っていて、色は仕込んだときとあまり変わらないようですが、香りはもう味噌の香りです。
 また、ビニール袋がいくらか膨らんでいました。醗酵しているため、二酸化炭素が出ているようです。
 それらも抜いて、空気が入らないように再度仕込みました。そろそろ天地返しをしなければならない時期なのですが、カビを取ったばかりなので少し時間を置こうと思います。
 Misonoyousu2味噌を仕込んだみなさんも、時々味噌を見てください。カビが生えていないか、ビニール袋が膨張していないか等確かめてください。
カビが生えていたら、丁寧に取り除き、膨張していたら空気を抜いて ください。
 管理人のように、気を抜かずに様子を見てください。特に気温が高くてじめじめしてくる時期は!。
 土用過ぎたら少し味見をしてみようと思います。
 天地返しは、しない人もいるようですが、塩のまわりや醗酵を均一にする効果や、密封仕込みなので酸素の補充して醗酵を促すなどの効果もあります。
 なくなった祖母は、タル仕込ですが、土用前に行っていました。今回は仕込み後2から3ヶ月の今ごろがちょうどいいかと思います。
 天地返し後は、再度空気をきちんと抜いて密封を忘れないでください。
 Misonoyousu3 一夏過ぎれば、10月あたりには風味も増しておいしくなります。
 そういえば、そろそろ家の梅の収穫もしなくっちゃ・・・。今年も梅干を漬けないと・・・・。自給自足って本当に手間隙かかるなあ・・・。
 来年は未来塾で梅干つくりをしようかな・・・。
 管理人でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月27日 (火)

4月6日「カナン未来塾」つけたし講座「味噌を作ろう」を開催しました。

管理人がブログアンドホームページの更新を怠っていました。申し訳ありません。

2008年度未来塾開催と同時に過去の分をがんばって更新しました。

ためると,大変だーーーーーー。苦笑さて,つけたし講座は,農村の知恵と加工の技の中でも,特に手作りの醍醐味を味わうことができる「味噌づくり」に挑戦しました。 今では自分の家で食べる味噌を自分の家で作っているという農家も少なくなりました。昔はあたりまえのようにどこの家でも作っていたんですが・・・。農村でも消費生活にどっぷりつかり,都会と同じように物を生産するという暮らし(文化)が失われつつあります。

 そこであえて,田舎の知恵の集大成の一つである,味噌づくりのアピールと自分で食べる味噌は自分で作ろうという人が一人でも増えるように味噌作りに挑戦です。作ってみれば意外と簡単です。味噌として食べられるまで6ヶ月かかりますが,自分で作った味噌の味は最高のものだと思います。手前味噌という言葉もあるくらい,自分で作った味噌は誰がなんと言おうと一番です。

今回は,前谷地産のみやぎしろめの大豆と桃生産の麹を使って作りました。麹も作れるんですが,結構手間隙がかかるんで,桃生町で麹を作っている専門家に頼みました。

前の日にみやぎしろめ大豆を釜にうるかして(みずに浸して)おきました。量的に水分を吸って2.3倍くらいに膨れ上がります。

うるかした大豆をやわらかくなるまで煮ます。親指と小指でつまんで,つぶれるくらいになるまで煮ます。その後大豆をすりつぶします。昔ながらの機械を使いました。管理人の場合は,フードプロセッサーを使っています。

あらかじめ,麹と塩(麹1Kg450gとし,50gは残しておきます。)を満遍なく混ぜて置いたものに,すりつぶした大豆を少し人肌より少し熱いくらいに冷ましてから混ぜ合わせます。ハンバーグくらいの硬さになるように煮汁を加えながら練りこみました。

混ぜたものをあらかじめ容器(ポリ袋を被せておき,プロ袋に入れる)に入れ,ポリ袋の表面を平にし,雑菌が繁殖しないように残しておいた塩を満遍なく振って口を密封します。

あとは家に持ち帰って,重石をして管理します。土用過ぎあたりに口をあけて転地返しをして,6ヶ月くらいから食べられます。

好みにもよりますが,今回は,材料として,乾燥大豆1Kg(煮ると約2.3Kg),麹1Kg,塩0.5Kg,煮汁0.2kgの割合で,出来上がり4Kgの味噌としました。塩分は少し少なめにするとか,いろいろ好みもあるようです。

味噌4Kgは,一般的に一人1年間食べる量だそうです。4人家族で16kgということになります。ちなみに乾燥大豆は1kg200円程度,麹は600円から800円程度の価格です。塩を除いて,4人家族の年間分の材料費が4,000円くらいと,安く作ることができます。ちょっと手間を惜しまなければ,仕込む楽しみ,育てる楽しみ,食べる楽しみと味噌作りの醍醐味を味わいながら,おいしくて安全な地元産大豆や麹を使って,安くておいしい味噌が作れるんです。皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

そうそう,昔はつぶした大豆を味噌だまといって,軒先に縄でつるして乾燥させていたんですが,なぜそうするのかお年寄りから情報を得ました。味噌に色をつけるためではないのかということでした。このごろは,このあたりでも,塩分少ない白味噌が多いですが,このあたりでは,昔から仙台味噌のように赤味噌が主流でした。赤味噌は,育てる期間が3年とかかかるんで,熟成させる期間を短縮するためではないかというお話でした。これ以外で理由を知っている方は書き込みをお願いします。

今回参加された方も意外と簡単に味噌を作れることに驚いていたようでした。さてさて,おいしい味噌に仕上がるかどうか,管理人もつくったので,たまに状況を報告します。

なお,味噌づくりは2008年度も行う予定です。未来塾参加者以外でも参加可能なようですので,お問い合わせください。

管理人でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12月16日「カナン未来塾」第7回塾を開催しました。

第7回塾は

「正月飾りをつくろう。もちつきをしよう。」です。
 Simenawadukuri1 今は,スーパーなどでも売られていますが,昔は農家ではどこの家でもしめ縄などの正月飾りは,自分の家で作っていました。

作り方も忘れ去られようとしています。今回は,わらからしめ縄を作りながら,先人の知恵を学びました。

講師は,男沢世話人のお父さんです。稲わらから稲のはっぱを取り除き(この辺ではわらをすぐるといいます。)きれいなわらの芯だけにします。

Simenawadukuri2 わらをたたいてやわらかくし,しめ縄を編んでいきます。編み方のコツを教わりながら何とか編みました。太さも形もいろいろです。松の葉と,いわしの煮干と昆布や

幣帛(へいそく)をつけて完成です。塾生は手作りのしめ縄で来年の正月を迎えられるようです。Simenawadukuri3

Motituki今回は,臼で餅つきもしました。臼でつき機会もなかなか無いので,子供たちもいい経験になったようでした。

昼食はこれまでの活動の感想を語り合いながら,ついた餅をお代わりし,おなかいっぱいに食べました。

Tyuusyoku

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月4日「カナン未来塾」第6回塾を開催しました。

第6回塾は「漬物づくりをしよう。サツマイモを収穫しよう」です。

 Imohori1初めに畑の収穫です。第1回塾で植えたサツマイモの収穫と第4回塾で植えたセイサイや白菜,大根,カブの収穫です。

サツマイモは驚くほど大きくなっていて,子供も大人も完成を上げながら収穫しました。やっぱ,植付けより収穫は楽しい。

白菜は種を蒔く時期が遅かったため,収穫は早すぎました。カブとセイサイを収穫しました。それを使って漬物づくりを行いました。

Yasainosyuukaku漬物づくりは男沢世話人のお母さんのご指導をいただき,浅漬けを作りました。減塩のおいしい漬物の作り方を教えていただきました。

塩の目安は重量の2%くらいで,砂糖を加えると塩分を減らせるそうです。

切ったカブとカブの葉,セイサイをビニール袋に入れ,分量の塩と砂糖を加えて,手でもみます。テーブルの上で少し力を加えながらももみ込んで,少し寝かせて出来上がりです。

自分たちで植え,育て,収穫した野菜を使って作った漬物は格別です。

Tukemonodukuri 男沢さんのお母さんの手作りのアイディアいっぱいの漬物もご馳走になり,田舎のおいしさを満喫しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月31日 (水)

10月7日(日)カナン未来塾第5回塾を開催しました。

今回は、昨年と同様に北村踏返の大島さんのご協力で、栗拾いをしました。Kurihiroi2
大島さんのお話では、今年は夏と初秋が暑くて、栗の成熟も進み、最盛期が9月半ばとのことで、当日は栗拾いには遅すぎとのことでした。
でも、まだ晩成の種類もあって、たくさんの栗を拾わせていただきました。
手入れの行き届いた栗林には、栗いががたくさん落ちていて、最盛期はもっと見事だろうと感じました。
未来塾は自然を相手にしているので、うまく最盛期にあわせることが難しくて、それが悩みです。
あらかじめ日程を決めておかないと、塾生の学校行事とかの日程調整が難しくなります。
きのこ採りも行う予定でしたが、これは逆に厚すぎて遅れ気味で、当日できませんでした。
はたけしめじを採る予定でしたが、まだ早くちょうど今頃がいいようです。
当日は天気もよく、近くの山で、柴栗も拾いました。また、アケビやどんぐりなどもとったり、
朴葉(ほうば)でお面を作ったりしました。

昼食はきのこ汁をつくりましたが、天気もいいのでみんなで外のキャンプ場で食べました。Kurihiroi3
いなかの山里で暮らしの一部を味わった一日でした。
次回は、いよいよさつまいもと前回植えた野菜を収穫して漬物作りを行います。
芋羊かんも作る予定です。
管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

9月2日(日)カナン未来塾第4回塾を開催しました。

カナン未来塾も夏休みを終えて、後半のスタートです。
11月に開催する漬物づくりのための野菜の植え付けです。
「白菜」「大根」「セイサイ」の3種類を植え付けしました。Tanemaki1 
最初に只野会長に種の植え付け方を教えてもらい、みんなで植え付けしました。
野菜が生長した状態を考えて、点を蒔きます。また、種は一カ所あたり、2,3粒蒔きます。
一粒だと発芽しない場合があるので、2,3粒植えつけます。
全部の芽が出た場合は、後で良い苗を残す間引きをします。
大根の種は2ミリメートルくらいの大きさなので、扱いやすのですが、白菜とセイサイは1ミニくらいなので手でつかむのが大変でした。
畑に直にまく、直まきをしましたが、ポットなどにあらかじめ種をまき、大きくして畑に移す方が一般的ですが、今回は直まきに挑戦しました。
まく時期が少し遅かった気もしますが(お盆過ぎあたりにまくのがこの辺では一般的かな・・・)、どうなるのか楽しみでもあり、心配でもあります。Tanemaki2
ところで、第1回塾で植えつけた野菜が結構まだ実っていて、子供たちも大人も、種まきより収穫に夢中になってしまいました。やはり、収穫のほうが楽しい・・・。
なす、米ナス、パプリカ、モロヘイヤ、しその葉、かぼちゃ、すいかなどがたくさん実っていていました。サツマイモやサトイモは10月に収穫しますが、順調に育っています。
夏休みの間は、随時塾生が収穫できるようにしていますが、毎週来て収穫していく塾生もいて、すっかり畑の楽しみにはまった塾生もいたようでした。
無事、種まきを終え、収穫したスイカも美味しくいただきました。
次回は栗拾いです。今年の栗拾いはどんなことになるのでしょうか?。
楽しみです。管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

7月7・8日(土・日)にカナン未来塾第3回塾を開催しました。

今回は「虫捕りをしよう・そば打ちをしよう」をテーマに、未来塾初の合宿で行いました。

Hatakegazou1 農業体験実習館に集合後、アグリステーションに移動し、5月の第1回塾に植えた野菜の収穫を行いました。

 じゃがいも、ピーマン、パプリカ、かぼちゃ、ししとう、もろへいや、しその葉等を収穫し、すいかやとうもろこしは収穫できないので観察を行いました。Hatakenoteire 

 その後、虫捕りのしかけ(木に塗る蜜)をつくり、思い思いの場所に塗ってきました。

 Musitori 夕食は、そば打ちです。そば打ちはほとんどの人がはじめでした。そばができなければ夕食は抜きです。

 只野さんの指導で、ニ八そばに挑戦です。中力粉2、そば粉8の割合でよく混ぜて、熱湯でこねていきます。

 耳たぶくらいの柔らかさのつもりが、少し硬いのもあれば柔らかすぎるのもある…。さてさてどうなるのか…。Sobauti

 延し板の上に、打ち粉を振り、麺棒で延ばしていきます。

 それぞれ作業する人の個性が現れて?、さまざまな形に伸ばされました。

 包丁で2mm程の幅に切って、後はゆでるだけ。

 あまりゆですぎると切れやすくなるので、ほんの2分くらいで十分です。Sobauti2

 おかずは収穫した野菜等のてんぷらと新じゃがいもをゆでたものです。

 形や長さ見栄えはどうであれ、自分の打ったそばの味は最高でした。(そばつゆがおいしかったとの感想がありましたが…・。)

 子供たちは、そばを自分で作って食べるとか、自分たちで育てた野菜を調理して食べるといった経験があまりないので、前回のイチゴジャム作りと同様に、食べ物を生産するという経験は新鮮に映ったようでした。これも、いなかのすばらしさの一つです。Yuusyoku

 管理人の一人よがりかもしれませんが、都会と田舎の違いは、都会では生活の中で物を作り出すという文化があまりなく、物を消費するという文化の中で生活していますが、いなかは、物を作り出すさまざまな文化が都会より残っているという点だと感じます。

 今は田舎でも消費文化の中にどっぷり使っていますが…。こんな田舎のよさを子供たちは果たして体験できたのでしょうか…。「田舎体験をしよう」のテーマは実は「田舎の生産文化を体験しよう」なのです。さてさて難しい話はこれくらいにして。

 夜は、蛍狩りです。最近は、農薬の使用も減り、また環境に負荷のかからないものとなっているせいか、蛍のえさとなるカワニナが増えてきているようです。

 観察に行った、北村地区の箱清水には、たくさんの蛍が見られました。薄暗い夕闇の中に青白く光り、捕まえると手の中で光り、子供たちも親も歓声を上げて見入っていました。沢水の流れている山の方にはかなりの数の蛍が群れていて、山裾がボーと光っていて幻想的でした。残念ながら写真は採れませんでしたが、もう少しの期間見られるますので、お近くの方は観察にいかれてはどうでしょうか。

 Musisikake 体験実習館に帰って、みんなで映画鑑賞です。みんなで同じ映画を見て、同じ時間を過ごして感動を味わうのもいい経験。その後白いシーツに昨年の未来塾で作った木のローソクの光りをあてて虫捕りに挑戦したものの、時期が少し早くて虫は余り集まってきませんでした。残念。

 翌朝、早めに起きて、前日しかけた木を見に行きましたが、残念ながらこれも時期が早すぎたようでした。カブトムシ一匹の収穫でした。体験実習や方の管理人さんの話では、毎年8月ころにはたくさんの虫が街灯に集まってくるとのことでした。

 田舎体験を十分に満喫できた第3回塾でした。ところで学校の夏休み期間は未来塾も夏休みです。次回第4回は夏休み終了後開催する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

第2回塾「イチゴジャムをつくろう」を開催しました。

6月10日の日曜日、カナン未来塾代2回塾を開催しました。Itigotumi
今回は、須江中埣の土井国男さんのご好意で、ハウスで「とちおとめ」という品種のいちごを摘み取らせていただいて、イチゴジャム作りに挑戦しました。
土井さんのハウスには、大きなとちおとめがたくさん実っていて、夢中になってイチゴ摘みをしました。とちおとめは、甘くて果肉がそんなにやわらかくなくて、ジャムつくりには向いていそうな感じです。
40分ほどで、おなかも袋もいっぱいに摘み取りました。
本当に土井さんありがとうございました。
その後、今回は遊楽館(いつもは農業体験実習館ですが)に移動して、いちごジャムつくりです。4つの班に分かれて作りました。
作ったジャムで昼食なので、みんな真剣です。
まず、いちごのヘタをとり、きれいに洗います。
イチゴ1キログラムの量に砂糖は半分の500グラムの割合で甘さを抑えて作ってみることにしました。砂糖が少ない場合は保存があまりきかないので早めに食べるようにします。
洗ったいちごに砂糖をまぶして、少しつぶして強火で煮込んでいきます。
弱火にすると色が悪くなるので、強火で焦げ付かないように、竹べらでかき混ぜながら煮ます。Zyamutukuri
好みにもよりますが、イチゴをあまりつぶさないで形を残すと結構フレッシュで美味しいです。でも日持ちがしないので、冷蔵庫で保存して早めに食べます。
煮込みながら、砂糖を追加して、とろみが出てきたら、レモン汁を加えて出来上がりです。レモン汁は、固まりやすくする働きがあります。

出来上がりは上場!!Tyuusyoku_1
昼食に無事ありつけました。ベーコンとキャベツとジャガイモのコンソメスープで美味しくいただきました。
砂糖が少なくてちょっとゆるい班や砂糖を多めに入れた班もありました。味もいろいろです。事務局の齋藤は、砂糖が少な目が好きです。ゆるくてもさめると結構固まります。
作ったジャムをあらかじめ煮沸消毒したビンにつめて持ち帰りました。
ヨーグルトにかけたり、パンにつけたりときっと一週間は飽きるくらい食べるでしょう。

次回はいよいよ合宿です。夕食はそばうちをしたり、夜は虫取りをしたり、もしかしたら蛍にもあえるかもしれません。楽しみです。

管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年度カナン未来塾入塾式と第1回塾を開催しました。

5月13日の日曜日、2007年度カナン未来塾「田舎(いなか)を体験しよう」の入塾式と第1回塾「野菜を植えよう。」を開催しました。
未来塾長の入塾式のあいさつや年間の活動の内容などのオリエンテーション、自己紹介をしました。Nyuuzyukusiki
自己紹介では、「親が参加したくて無理やりと子供を参加させました」などユーモアのあふれたお母さんのお話もありました。
最初は旭山農業体験実習館の周辺や旭山の周辺で、山菜採りをしました。
「やまみつば」「ウド」「わらび」「たらのめ」「うるい」などの山菜を収穫し、おひたしや油いため、てんぷらにして昼食です。
やまみつばやウドのてんぷらが香りが良くて好評でした。
そのほか季節の竹の子やせりなども調理して、里山の恵みを味わいました。Naeue2
昼食後、みずすましの代表の只野さんの畑に移動して、苗の植え付けです。
さつまいも、なす、ピーマン、パプリカ、スイカ、かぼちゃの苗を植えつけました。
日本生命財団から補助金をいただいて、耕運機やくわ草刈機をそろえ、農業体験活動をするための備品をそろえました。Naeue3
おかげさまで、畑の畝を作るのがすごく便利になり、気軽に畑の活動ができます。本当にありがとうございました。
当日は風が強くて、植えた苗が次の日には倒れてしまいましたが、何とか無事に育ちそうです。
収穫まで手入れや観察をしながら畑つくりの知恵も学びます。
3回目の合宿で何か収穫ができるかなあ。楽しみです。
ちょっと疲れましたが、外で思いっきり体を動かす充実感を味わった一日になったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)