« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011年2月20日 (日)

みずすまし未来塾付け足し講座「味噌づくりをしよう」の参加者を募集しています。

さてさて、未来塾も昨年の12月の第7回塾を最後に閉塾しましたが、今回も付け足し講座として、地元産大豆と麹を使って、味噌づくりを行います。
Misodukuri1_2 昔は、地域の農家はどこの家でも、自家製の味噌を作っていましたが、この頃は農村に住んでいても消費文化にどっぷりつかり、買って食べるのが当たり前になりました。
地域の食の文化の一つである「味噌づくり」をとおして、農村の自給の知恵や先人の知恵を学び、生産の文化や生活文化、さらには地域の素晴らしさを再認識したいと思います。
なんか難しいけど、要はおいしい味噌を自分で作ってみるだけのことです。笑
今回は塾生のうち、参加希望者のみのとしていますが、10組程度の余裕がありますので、希望者に開放することとしました。
そこで、付け足し講座「味噌づくりをしよう」に参加してみたいという方はぜひ一緒に味噌を作ってみましょう。
豆を煮ている間に、近くの山で、ふきのとうも採りたいと思います。

・開催期日 3月6日(日)午前9時30分から午後1時ころまで
・開催場所 石巻市旭山農業体験実習館(詳細はこちら)http://www.city.ishinomaki.lg.jp/kanan/sangyokanko/kyukanan_yado.jsp
・参加費 材料代のみ 1家族 1,500円(乾燥大豆1kg、麹1kg、燃料代、郵便代等 出来上がりで味噌約4kgになります。)
・参加資格 小学生の親子(1家族何人でも可)
・申込方法 参加者のお名前、年齢(学年)、ご住所、お電話番号を記入の上、メールでみずすまし事務局まで応募ください。
・募集人員 10家族程度
・当日もってくるもの
味噌だる(ポリ容器=漬物用のポリだるでOKです。ポリだるの大きさは、販売している味噌を参考にして、作る量が入るものをご準備ください。)Misodukuri4
漬物用ポリ・ビニール袋(味噌だるの中に漬物用ポリ袋をかぶせて味噌を入れ口を輪ゴムで密封します。小さすぎたり、大きすぎると、完全に密閉できないので、味噌だるや作る量と大きさをあわせてください。)
材料を混ぜ合わせるための容器(なべやボールなど何でも結構ですが、4kgの量を混ぜるので、できるだけ大きな容器を準備してください。)
塩 500g(好みにもよりますが、天然塩などを使う人もいます。)
昼食 おにぎり、適宜飲み物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »