« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

2010年10月18日 (月)

10月17日 日曜日 「里山林管理基礎講座」第2回目「雑木林の手入れ」を受講してきました。

 今回は、里山林管理基礎講座の2回目の様子です。
 今回も天気良かったです。実際の雑木林の手入れもあるんで、雨が降ると大変だなあなんて、心配も吹き飛ぶような秋晴れ!。
 しかもあんまり暑くも無く、雑木林の手入れ日和です。


 はじめに、「広葉樹の更新方法・手入れの方針の立て方」Kannrihousinn_2 について、田中先生の講義がありました。
 ・広葉樹の構成として、高木、低木(常緑・落葉)、地表の笹や稚樹などで構成されていること。
 ・まず、大きさ、種類、地形を把握し、何のために整備するのかという「目的」、整備する「範囲」、「姿」を決めること。
 例1として、「光環境の良い雑木林を目指す!!」ために手入れをする場合は、笹や、低木、林冠をあける(光を入れるための高木の伐採)を行う。
 そうすると、光が十分入るようになり、幼木も育ってくる。
 例2として、「景観の良い雑木林を目指す!」(公園管理型)場合は、笹や、低木(花の咲くのは残す。)、林間を空けない(稚樹は育てない。)。
 例3として、資源利用のための雑木林を目指す!」(しいたけ原木や薪ストーブの薪などに利用)場合は、高木の伐採、萌芽更新(伐採後出てくるひこばえを育てる。)のための手入れ、幼木を育てるとともに低木や笹の刈払いなどの手入れを行う。

 また、ナラ枯れについて、話がありましたが、大きなナラの木が突然葉も落とさず枯れるそうです。そして地際の幹に穴があり、木屑がたまっているのでわかるそうです。
カシノナガキクイムシが木の幹の入り込み、体に持っている菌(カビ=ラファエリア クエルシボーラ)が繁殖し、枯れるそうです。かれるメカニズムはまだ良くわかってないそうです。山形から宮城に入ってきているとのこと。心配・・・。

昔は、薪や、炭などに使うため、10cmくらいの太さで伐採を繰り返し、萌芽も盛んに出ていたそうですが、現在は人の手が入らなくなり、広葉林の高齢化が進んでいます。
 高齢化したコナラは萌芽能力が減少しており、伐採しても、6割くらいの切り株は、萌芽するものの、萌芽しても生き残る本数が少ない。残り4割の切り株は,そのまま枯れて腐る。原因は良くわからないけど、木が古くなると、株の萌芽能力が落ちるためではないかとのことでした。
 萌芽が出ないと、萌芽更新が出来ないので、同時に幼木の育成をしていかないと、株密度が減少し、雑木林そのものが消滅してしまう恐れもあるんです。

 その後現地では、実際に広葉樹を伐採した林に行って、萌芽状態を見ましたが、コナラは、萌芽が出ていなくて株が腐っているのが多かったです。
 山桜などの桜は、コナラと違って結構旺盛に萌芽してました。Kaibatukannsatu_2

 その後、稚樹の生育調査をしました。昨年の調査では多いところでは、100平方メートルに500本以上の稚樹が見つかったそうです。半分以上はコナラです。今回も良く見るとたくさんの稚樹が見つかりました。
 しかし、稚樹は成長はほとんどしていません。光が地上まで十分に届かないので、育たないそうです。

 普段林の中では注意しない、頭上の林冠と稚樹をじっくり観察することの大切さを実感しました。

 さていよいよ、現地で、各グループごとに割り当てられた、雑木林の、管理方針を議論して立てて、昼食後、午後から実際に手入れをしました。
 高木は、次回、チェンソーで切るとのことで、のこぎりで、笹や低木、のこぎりで切れる高木を伐採しました。
 のこぎりを使うのは、鎌と違って切り口が尖らず、安全であるとの理由です。
 管理人も草刈機械を使えないときは、特に笹を切るときは、のこぎりを使います。
 方言で、尖った笹の切り株を「かっぱ」と呼んでいます。ゴム製の長靴の脇はもちろん、時には長靴の底を笹の切り口が貫通して足の裏も怪我をするときがあります。

 笹刈りをしながら、稚樹の観察をすると、結構見つかります。今年芽が出たものや数年経っているものもありましたが、生育は良くないようです。
高木の間伐をすると、後継木として育つんでしょうが・・・・。Teire1_3

 さてさて、管理人のうちの雑木林も、伐採をしていない太いコナラが多いので、伐採をして、なめこやしいたけの原木に利用しようと考えてましたが、太くなりすぎて萌芽能力がやはり衰えているだろうし・・・。
 そうなると、幼木も別に育てて、植栽しないと、林そのものが消滅してしまう結果にもなりかねないし・・・。
 また、一部は、電力の高圧線の下になっている場所があり、そこは10年か20年に一度くらい皆伐しているので、その区域は萌芽更新をしているけど、下草刈りや竹の侵食で、手入れが大変・・・
 簡単にはいかないなあ・・。知識が増えれば増えるほど、里山林をどうしたらいいのか、しかもどう管理するのか、考えるなあ・・・。太い木の伐採も大変そうだし・・・。枝懸かりが多くて大変だそうです。

 でも、やっぱ何とかしないといけないので、まあ子供たちと楽しみながら、何とか管理していきます。

 ツリーハウスを作って遊べる場所もあったり、杉の木もいくらか生えてたり、しいたけやなめこの栽培もできたり、たけのこが収穫できる竹林もあったりと、里山で遊んだり、里山のおいしさも味わえるような手入れの方針を立てて、こつこつと手入れしていきたいと感じました。

 次回は、チェンソーの使い方です。
 手入れに最も必要な道具の使い方やメンテナンスを学びます。
 うちの使ってないチェンソーも持っていくけど、使えるんだろうか?。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

10月9日 土曜日 第5回塾「稲刈りをしよう」を開催しました

今回は土曜日の開催で、午前9時の集合です。

曇り空の天気で、雨が降らないか心配しましたが、何とか降らないで、稲刈りをすることができました。

Inekari1 はじめに、只野代表から、稲刈りの仕方と注意することを教えてもらい、作業を始めました。

稲刈り用の鎌で、手を切ると、結構深く切れることと傷口が複雑に切れるので、鎌の使い方には十分に注意するようにとの話がありました。

田んぼはやっぱり雑草だらけで、稲を刈るのも一苦労でした。
子供たちも親も最初は恐る恐るでしたが、だんだんなれて、稲刈りもスムーズに進みました。

乾燥のための棒掛けも分担で行い、3時間ほどで終ええることができました。Inekari4
田んぼの生き物やついでにイベントで運行しているSL汽車にも出会えて、稲刈りも楽しく終了できました。

無農薬栽培ってやっぱ雑草との戦いです。
農作業の大変さと農業の難しさを体験した一日になりました。

働いた後の昼食は野外にシートを敷いて、いも煮です。

Boukake お昼のいも煮はおいしかったなあ・・・

さてさて、次回は脱穀と籾摺りです。

管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

管理人は、只今「里山林管理基礎講座」で勉強中です。

 大衡村にある「宮城県林業技術総合センター」で、「ボランティアのための里山林管理基礎講座」で里山林の管理の仕方の勉強をしています。Satouamakannri1
 2年ほど前に講座を知り、昨年も応募したんですが、昨年は応募者が多くて抽選で外れてしまいました。
 今年は、定員15名の2倍の応募者があったそうですが、運よくめでたく当選して受講できることになりました。
 10月3日の日曜日に第一回の講座が、林業技術総合センターの研修館で行われました。11月5日まで全5回の講座です。

 管理人だけではもったいないので、講座の内容を少しブログで紹介したいと思います。

 そもそも、どうして受講したかって・・・・。
 実は、未来塾で里山をフィールドに、山菜採りと料理、畑シメジを採ったり、竹の子堀と竹の子料理栗拾いしいたけやなめこ栽培ツリーハウスづくり、そうそう間伐の仕方間伐杉で木のろうそくも作ったなあリースづくり等と色々里山を楽しんできました。
 でも今は管理されていない里山林が多いのも事実・・・。
 昔は、燃料(薪や炭)、しいたけなどのほだ木、また馬や牛などの家畜のえさの草(山草刈と呼んでいました。信じられますか?)などに利用され、定期的に伐採や手入れがなされていたのに、今は管理がほとんどされていないのが現実。
 もっと子供たちに里山の楽しさやおいしさを体験してもらいたい。でも、活動できる里山林も少なく、そもそもどんな風に管理するのかもわからない・・・。
 何しろ、自分の家の雑木林も手入れしてない・・・。
 それなら自分で管理の仕方などを勉強して、少しはみずすましの活動に役立てたり、自分の家の雑木林の管理もやってみようということで、応募した訳です。

 第1回目の内容は・・・

 はじめに、生物多様性の観点から里山林の役割や必要性のお話と、そもそも里山林って?里山林の手入れとはについて、センターの講師の先生から講義を受けました。
 漠然としていた里山の重要性や必要性と里山林の種類、広葉樹林の調査からわかった雑木林の構成、たとえば、普通に見られるコナラ林は、大きな木(ほとんどはコナラの木(林冠木))と、樹高50cm以下のコナラの赤ちゃんが豊富にあるものの、光が不足していて、それ以上に大きくなれないという状態にあることなどを知ることができました。
 大きくなったコナラの木は、光をさえぎるため、赤ちゃんコナラが育たない環境にあり、大きなコナラもやがて寿命を迎えると、その後継となる木が育っていないので林が消滅してしまう可能性もあるそうです。

 Gentizissyuu 昼食後、午後からは、雑木林の植生調査です。
 植生調査を行うことで、雑木林の姿を知り、そしてこれからどのように手入れをしていくのかを計画するための資料を得るのが目的です。
 高さ2m以上の上層の木の樹種と胸の高さの周囲(胸高周囲)を一本一本測っていきます。
 さらに、高さ2m以下の下層の木と草も調べます。これらは、地上に占める割合(被度)も調べます。
 センターの講師の方々から、樹種などを教わりながら「調査野帳」に記入していきました。
 コナラのほか、エゴノキ、ヤマボウシ、ウワミズザクラなどなど、たくさんの種類の樹木がありました。
 太さも色々で、太いもので直径30cmのコナラもありました。

 しかし、講義のとおり、赤ちゃんコナラはたくさんあっても、人間で言えば、子供から青年のコナラの木はほとんどありませんでした。
 調査することで、どんな種類の木があるのか、どんな太さの木があるのか、下層の状態も含めて、雑木林の状況がはっきりとわかりました。Satoyamakannri2
 これらを基に、次回は手入れ方針の立て方を勉強し、実際の手入れ方針を立て、現地実習を行います。
 雑木林をたとえば、今はやっている薪ストーブの薪に利用するとか、きのこのほだ木を採るために使うとか、リクリエーションのために使うとかどんな風に利用するのかに応じて、その手入れの仕方が違ってくるそうです。

 次回も楽しみです。次回は10月17日の日曜日に行われます。
 報告できるように、勉強してきます。
 勉強すると少しは賢くなるなあって感じました。年をとっても知らないことばかりです。笑

 内容は、管理人斎藤の感想ですので、誤りがあるかも知れません。
 誤りがあった場合はその都度訂正させていただきますので、ご了承ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月26日(日曜日)みずすまし未来第4回塾「釣りをしよう。野菜を収穫しよう。」を行いました。

未来塾も7月の第3回塾の後、夏休みに入っていましたが、いよいよ後半のスタートです。
当日は、台風一過のさわやかな秋晴れで、田んぼでは稲刈りが最盛期という天気でした。
今回は、自分で釣竿を作って、田んぼの用水路で釣をしました。
あらかじめ、スタッフが用意した、竹に仕掛けを結んで、釣竿を作り、ミミズを餌に近くの用水路で釣を行いました。
Turi1 この時期の用水路は、田んぼの水を抜くため、水があまり残っていませんが、前日までの雨で、用水路は結構水がありました。餌のミミズに触るのが初めてとか、苦手とか、かんかんがくがくで、餌を付け、用水路に仕掛けを入れると、入れ食い状態で、口細(モツゴ)がたくさん釣れました。
この用水路にはモツゴ以外いないのではないかと思うくらい釣れました。
  稲刈りの真っ最中の田んぼの用水路での釣は、みみずの餌に触るのも含めて、初体験者が多かったようでした。
昔は、自分でさおを作り、用水路つりをしたものでした。今の子供たちも、何かきっかけがあれば、豊かな農村環境の中で、のびのび遊べるような気がします。
1  時間ほど釣を楽しんだあと、田んぼに移動です。
田んぼに着いて、驚いたのは、ひえという雑草が多いことです。
無農薬栽培では、どうしても雑草が多く発生します。しかも、あまり雑草取りをしなかったため、雑草が多く出たようでした。一部は倒伏も見られました。Ine1
 観察を終えて、農業実習体験館に移動して昼食です。
  稲の刈り取り時期について話し合いましたが、生育が進んでることや倒伏が見られることから、刈り取り時期を早めることにしました。
 さてさて、次回は10月9日の土曜日に稲刈りを行うことにしました。
Ine2  稲刈りも、手刈りで、乾燥は棒がけです。
 次回も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »