« 管理人の仕込み中の味噌にカビが・・・ | トップページ | 10月19日「みずすまし未来塾」第5回塾を開催しました。 »

2008年9月25日 (木)

9月21日「みずすまし未来塾」第4回塾を開催しました。

Kurihiroi3  未来塾も7月の第3回塾からちょっと長い夏休みに入ってましたが、いよいよ後半のスタートです。
今回は、大島さんのご協力で、栗拾いです。ちょっと小雨模様でしたが、栗の収穫にはもってこいの時節で、子どもたちもお父さんやお母さんたちも夢中で栗の収穫を楽しみました。
30分ほどで、用意した買い物袋にたくさんの栗を拾っていました。Kurihiroi4
大島さんから栗の拾い方や虫のついた栗の見分け方、保存方法、調理方法などを教えてもらいました。
栗は一晩でも置いておくと虫がつきます。お店で売っているものは、薫蒸処理をしているので虫がつきませんが、拾った栗は、すぐに調理しないと虫がつきます。水にうるかしておくとか、冷蔵しておくとか、その日のうちに調理しないといけないそうです。
Kurinoyousu1 また、拾うときは軽い栗は虫がついていて中が空洞になっているとか、拾った栗を水に浸けると浮いてくるものは、虫がついていて空洞になっているそうです。
調理方法は、栗ご飯が一般的ですが、拾ってすぐの栗は、外皮がやわらかくてむきやすいそうです。ためしに包丁でむいてみましたが、力を入れなくても向けやすかったです。
皮をむいた栗のから揚げや、てんぷらなどもおいしいそうです。
渋皮煮をしようと張り切って拾っていたお母さんもいました。
栗拾いのあとは、コロボックルハウスに戻って、昼食の準備です。
第1回目で植えた、かぼちゃ、なす、とまと、ピーマン、オクラなどを使ったカレー風味のスープ作りです。
ピーマンの熟した赤ピーマンもありましたが、生で食べてみると甘くて、パプリカのような甘さでした。
自分たちの植えた野菜のスープの味は格別でした。かぼちゃがスープに全て溶けてしまって、逆にスープの味を良くしてました。
次回は干し柿作りの予定でしたが、今年は柿の出来が良くなくて、収穫できない状態なので、さつまいもとサトイモを収穫して調理することになりました。
次回も楽しみです。管理人でした。

|

« 管理人の仕込み中の味噌にカビが・・・ | トップページ | 10月19日「みずすまし未来塾」第5回塾を開催しました。 »

未来塾2008年度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175395/42591903

この記事へのトラックバック一覧です: 9月21日「みずすまし未来塾」第4回塾を開催しました。:

« 管理人の仕込み中の味噌にカビが・・・ | トップページ | 10月19日「みずすまし未来塾」第5回塾を開催しました。 »