« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の記事

2008年6月26日 (木)

6月15日 「みずすまし未来塾」第2回塾を開催しました。

第2回塾は「田んぼを探検しよう。どじょう捕りをしよう」です。

入梅前の天候に恵まれた日曜日、実習館に集合したあと、みんなで先月種まきや様々な苗を植えた畑に移動しました。早速、発芽や苗の状態を確認しながら、草取り(雑草取り)をしました。

Kabutoebitori1 第1回塾で、マルチのビニールに穴をあけて、種をまいたり、苗を植えたりしましたが、穴の隙間にちゃんと草がはえてきていました。みんなで草取りをすると、あっという間にきれいになりました。

作業終了後、楯石さんの田んぼに移動しました。カブトエビの観察です。田んぼの中をよく見ると、泥のなかにカブトエビが動いています。親子で、用意していた採集網を使いながら、観察用に何匹か捕獲しました。カブトエビは下から観察すると、エイリアンにそっくりです。なかなか育てるのは大変なようですが、家に持ち帰った人もいました。観察ついでにはだしで田んぼに入って、泥の感覚を楽しんだ子もいたようです。

Dozyoutori2 実習館の近くの田んぼに移動して、用水路でどじょう捕りを兼ねて、生きもの観察を行いました。どじょうは数匹しか見つけられませんでしたが、アメリカザリガニの子ども、カエル、ヤゴなど様々な生きものが観察できました。遠目で見ている田んぼと実際に田んぼの中に入るのとでは随分違っていたようです。この辺は、もうすぐ蛍が見られるところです。昔はシジミも捕れました。

Dozyoutori3 実習館にもどり昼食です。予定の「どじょう汁」ではなくで、「しじみ汁」です。河北産の北上川のべっこうしじみは今が旬とのことです。大変おいしく、いただきました。次回の合宿には、「どじょう汁」か「どじょうの唐揚げ」がでるとのうわさがありますが・・・どうなりますか。

管理人(記述は男沢世話人)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

カブトエビって何?

管理人です。

「カブトエビ」って知ってますか?。

数年前に、みずすましの世話人の楯石さんの田んぼに突然「カブトエビ」が大量に発生しました。

楯石さんは、無除草剤・無殺虫剤栽培をしているんですが、その甲斐もあってか、カブトエビが大量に発生し、新聞に取り上げられました。

確かヨーロッパカブトエビという種類で、大変珍しいそうです。

6月15日のみずすまし未来塾は、その「カブトエビ」や田んぼの生き物「カイエビ」などの観察や用水路でさまざまな生き物の採取を行います。

ドジョウも採る予定です。お昼はドジョウ汁になるとか?????笑。

カブトエビの画像などの参考URLを貼り付けておきますので、見てみてください。

http://www.kanshin.com/keyword/502556

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »