« 12月16日「カナン未来塾」第7回塾を開催しました。 | トップページ | 5月25日 2008年度「みずすまし未来塾」入塾式と第1回塾を開催しました。 »

2008年5月27日 (火)

4月6日「カナン未来塾」つけたし講座「味噌を作ろう」を開催しました。

管理人がブログアンドホームページの更新を怠っていました。申し訳ありません。

2008年度未来塾開催と同時に過去の分をがんばって更新しました。

ためると,大変だーーーーーー。苦笑さて,つけたし講座は,農村の知恵と加工の技の中でも,特に手作りの醍醐味を味わうことができる「味噌づくり」に挑戦しました。 今では自分の家で食べる味噌を自分の家で作っているという農家も少なくなりました。昔はあたりまえのようにどこの家でも作っていたんですが・・・。農村でも消費生活にどっぷりつかり,都会と同じように物を生産するという暮らし(文化)が失われつつあります。

 そこであえて,田舎の知恵の集大成の一つである,味噌づくりのアピールと自分で食べる味噌は自分で作ろうという人が一人でも増えるように味噌作りに挑戦です。作ってみれば意外と簡単です。味噌として食べられるまで6ヶ月かかりますが,自分で作った味噌の味は最高のものだと思います。手前味噌という言葉もあるくらい,自分で作った味噌は誰がなんと言おうと一番です。

今回は,前谷地産のみやぎしろめの大豆と桃生産の麹を使って作りました。麹も作れるんですが,結構手間隙がかかるんで,桃生町で麹を作っている専門家に頼みました。

前の日にみやぎしろめ大豆を釜にうるかして(みずに浸して)おきました。量的に水分を吸って2.3倍くらいに膨れ上がります。

うるかした大豆をやわらかくなるまで煮ます。親指と小指でつまんで,つぶれるくらいになるまで煮ます。その後大豆をすりつぶします。昔ながらの機械を使いました。管理人の場合は,フードプロセッサーを使っています。

あらかじめ,麹と塩(麹1Kg450gとし,50gは残しておきます。)を満遍なく混ぜて置いたものに,すりつぶした大豆を少し人肌より少し熱いくらいに冷ましてから混ぜ合わせます。ハンバーグくらいの硬さになるように煮汁を加えながら練りこみました。

混ぜたものをあらかじめ容器(ポリ袋を被せておき,プロ袋に入れる)に入れ,ポリ袋の表面を平にし,雑菌が繁殖しないように残しておいた塩を満遍なく振って口を密封します。

あとは家に持ち帰って,重石をして管理します。土用過ぎあたりに口をあけて転地返しをして,6ヶ月くらいから食べられます。

好みにもよりますが,今回は,材料として,乾燥大豆1Kg(煮ると約2.3Kg),麹1Kg,塩0.5Kg,煮汁0.2kgの割合で,出来上がり4Kgの味噌としました。塩分は少し少なめにするとか,いろいろ好みもあるようです。

味噌4Kgは,一般的に一人1年間食べる量だそうです。4人家族で16kgということになります。ちなみに乾燥大豆は1kg200円程度,麹は600円から800円程度の価格です。塩を除いて,4人家族の年間分の材料費が4,000円くらいと,安く作ることができます。ちょっと手間を惜しまなければ,仕込む楽しみ,育てる楽しみ,食べる楽しみと味噌作りの醍醐味を味わいながら,おいしくて安全な地元産大豆や麹を使って,安くておいしい味噌が作れるんです。皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

そうそう,昔はつぶした大豆を味噌だまといって,軒先に縄でつるして乾燥させていたんですが,なぜそうするのかお年寄りから情報を得ました。味噌に色をつけるためではないのかということでした。このごろは,このあたりでも,塩分少ない白味噌が多いですが,このあたりでは,昔から仙台味噌のように赤味噌が主流でした。赤味噌は,育てる期間が3年とかかかるんで,熟成させる期間を短縮するためではないかというお話でした。これ以外で理由を知っている方は書き込みをお願いします。

今回参加された方も意外と簡単に味噌を作れることに驚いていたようでした。さてさて,おいしい味噌に仕上がるかどうか,管理人もつくったので,たまに状況を報告します。

なお,味噌づくりは2008年度も行う予定です。未来塾参加者以外でも参加可能なようですので,お問い合わせください。

管理人でした。

|

« 12月16日「カナン未来塾」第7回塾を開催しました。 | トップページ | 5月25日 2008年度「みずすまし未来塾」入塾式と第1回塾を開催しました。 »

未来塾2007年度」カテゴリの記事

コメント

ミソ作りに参加した者です!
あれから二ヶ月。少し開けてみたら、いいにおいで
ミソっぽくなってました!カビも生えておらず・・
とりあえず、まだまだ早いので、ビニール袋は開けず、また眠りについてもらいました。それにしてもいい香りでよかった~。納豆になってなくて本当に良かった~(笑)

成沢さんが、亡くなったのは驚きました。
ご冥福をお祈りします。

投稿: itomitu | 2008年6月 5日 (木) 22時42分

itomituさん、コメントありがとうございます。
味噌を仕込んでからちょうど2ヶ月ですよね。よかったです。いいにおいがしていて笑。
管理人の味噌もいいにおいがしてます。管理人の場合は、重石をしてるんで、多少水が上がってきています。水が上がってくると、空気に触れないため、カビがつきにくくなります。
気温が上がってくると、多少カビが生えますが心配しないでください。白い色以外は、天地返し(土用過ぎに味噌の上と下入れ替えるようにする。)のときにていねいに取り除いてください。
そのうち画像をUPします。
きっと美味しい味噌が出来上がりますよ。
味噌の状態や食べた感想などまたコメントください。
できれば画像なんかもあるとうれしいです。よろしくお願いします。

投稿: 管理人 | 2008年6月 6日 (金) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175395/41344122

この記事へのトラックバック一覧です: 4月6日「カナン未来塾」つけたし講座「味噌を作ろう」を開催しました。:

« 12月16日「カナン未来塾」第7回塾を開催しました。 | トップページ | 5月25日 2008年度「みずすまし未来塾」入塾式と第1回塾を開催しました。 »