« 第2回塾を開催しました。 | トップページ | 第4回塾を開催しました。 »

2006年7月11日 (火)

第3回塾を開催しました

005221 7月9日(日)カナン未来塾第3回塾「木の伐採をしよう」を開催しました。

杉林に入って、実際に間伐の仕方を体験しました。

杉林は昼でも薄暗くて、背丈の低い杉はあまり育ってませんでした。そうした木を間伐し、日がよく当たるようにするそうです。

当日は森林の役割、手入れの仕方、木の切り方、のこぎりに使い方などを、元営林署の所長をしていた成澤さんに教えてもらいました。

木は、南側が枝や葉が茂り、一般的に重心が南側に片寄っているそうです。

重心があるほうに木は倒れるので、そちら側を最初に3分の1くらい切ります。

3分の1を切ったら、木の上からVの字に斜めに切り込みを入れます。

そうすると、切り口を作った方に倒れやすくなるし、切ったとき木が割れるのを防ぐそうです。

今度はいよいよ反対側です。切り口として水平に切った反対側の3センチメートル上を水平に切っていきます。

木が細い場合は倒す方に少し押しながら切ると切れやすかったです。

倒れるときは大きな声で「倒れるぞーーーー」と声をかけます。

もちろん切る前に、安全を確保しておきます。

「バサーーーー」と大きな音を出して木が倒れたときには、みんなで歓声を上げました(笑)。

倒した後、枝を切り、1メートルほどに長さに玉切りしました。

のこぎりの使い方が難しくてなかなか切れないようでした。

実際杉林に入って、木を切り、森林の役割や、林業の大変さを体で学んだことでしょう。

杉林は、初夏を向かえ、うばゆりややまゆり、水引草や山ホトトギスなどの草花も見られ、霧雨の中でしたがすがすがしい時間をすごしました。

前回できなかった、唐竹のたけのこ採りも、雨が強くなってきたのにもかかわらず、希望者だけ管理人の竹林で取り方をしました(爆)。

たけのこうまかった----。昼食は今回はトン汁たけのこ入り・・・。また・・・・・(泣).

管理人でした。

追伸 管理人がおっちょこちょいで、デジカメを杉林に持っていくのを忘れてしまいました。エーーー画像あるじゃん。そうです。塾生の小林さんと平塚さんが撮影した画像を使わせていただきました。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

|

« 第2回塾を開催しました。 | トップページ | 第4回塾を開催しました。 »

過去の日記帳からの移行分」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175395/10894794

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回塾を開催しました:

« 第2回塾を開催しました。 | トップページ | 第4回塾を開催しました。 »