2012年3月 5日 (月)

3月4日(日)みずすまし未来塾第6回塾「みそを食べよう」を開催しました。

 この辺では、平年は雪が積もるのは数えるほどなのですが、ここ2週間は週末になると、大量の雪が積もって案の定、金曜日の夜に10センチほどの雪が積もりました。、
 3月3日、明日の味噌づくりの準備のため、午後から旭山農業体験実習館に車で向かいました。
 前日の雪で、車では坂道は登れず、農業体験実習館での開催は困難となり、急遽、お雑煮作りをした北村農業研修センターの場所を変更しての実施となりました。
 前日に大豆を洗い、水にうるかし(浸す)ておき次の日の8時過ぎに大きな鍋で煮る作業を始めました。Misodukuri1
 塾生は9時半の集合ですが、今回は塾生以外に大人の方も3人程参加し、味噌づくりを楽しみました。
 はじめに、麹と塩を混ぜ合わせる「塩きり」を行います。昨年の味噌は、少し塩辛かったので、今年は、少し塩の量を減らすことにしました。
 というのは、通常大豆1㎏は水に浸すと約2.2倍(2.2㎏)程に膨れるのですが、大豆によっては余り膨れない者もあるようで、毎年計ってみると、大豆1㎏が水に浸すと2㎏程にしかならないようです。
 通常大豆1㎏(ふやかして2.2㎏)、麹1㎏で塩を500gの割合にします。それに味噌の硬さを調整する煮汁(種水)を2~300gほど加えて、4㎏の味噌ができます。
 大豆の膨れ方が少ないと、相対的に塩の量が多くなるので、今年は塩を400gに減らして作ることにしました。
 ただし、長く熟成させる場合は、塩分を少し強めにした方が、カビに対しては安全なので、2,3年かけて熟成する場合は、少し塩分を強めにします。
 麹1kgに塩400gを混ぜて、手で麹の塊をつぶしながら、麹と塩をまんべんなく混ぜます。
 そうしているうちに、1時間ほどで、大豆も煮上がり、つぶせる硬さまでになりました。
 親指と小指で大豆をつまんで、簡単に潰れるくらいの柔らかさまで煮ます。
 時間をかけてゆっくり煮ると、豆の色が濃くつくとのことで、赤味噌はゆっくり煮て、比較的高温の場所で、長時間熟成させると赤く色がつくとのことです。
 今回は、熟成を短くして早目に食べるため、麹の量を多くしてあるので、どちらかというと、白っぽい味噌になります。
 熟成が進むと、だんだん色がつきますが、10月頃に食べられるので、おいしくてあっという間に無くなってしまいます。
 さて、煮上げた大豆を、潰す作業に移ります。今回は電動のミンチの機会を購入したので、結構に作業をすることができました。Misodukuri2
 潰して、ひと肌よりも冷ました大豆と塩切りした麹を大きな鍋などに入れて、まんべんなく混ぜ合わせ、容器にビニール袋を敷いて、それに空気を抜きながら詰めていきます。
 空気が入っていると、かびるので、丁寧に空気を抜きながら味噌の素を入れていきます。
 入れ終わったら、かびが生えないように、上の部分にまんべんなく塩を振って、ビニール袋の空気を抜いて、輪ゴムできっちり止めておきます。
 この方法は、密封方式と呼ばれ、かびが比較的生えない特徴があります。
 密封した上に、軽く重石を置いたり、少し大きめのビニール袋に水を入れて、重石代わりにします。
 ビニール袋に水を入れた重石の方が、空気が遮断されて、かびはほとんど生えないようなので、管理人も今年はその方式で仕込みました。
 ひと夏過ぎれば、おいしい味噌の完成です。
 地元産の宮城白眼の大豆と、桃生産の麹を使った味噌は、すごくおいしいものです。
 比較的簡単にできるのですが、何せ、煮たり、つぶしたりが大変で、こんな風にみんなでわいわい作業をすると、以外と楽しくできるようです。
 12時過ぎには、昨年作った味噌で作ったなめこ汁で昼食です。
おにぎりとみそ汁だけの昼食でしたが、みんなおかわりしながらおいしいみそ汁を味わっていました。
Misodukuri4  今年の10月には、でき上がった味噌を味わいながら、今回の味噌づくりを思い出しながら、会話が弾むことを期待しています。
 今年度はこれが最後になりますが、来年度も口からふるさとを学ぶ未来塾を行う予定です。
 塾生からは、筍掘りやいちご罪をまたやりたいとの声も聞かれました。
 来年も楽しく塾を開催します。
 管理人でした。

※味噌の手入れ=味噌は、基本的に必ずかびます。1月に1度(気温が高くなったら2週間に1度くらい)は様子を見て、黒カビや青カビなどが出ていたら、丁寧にスプーンで取り除き、塩を少し降っておくことが大事です。Misodukuri6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

3月4日 みずすまし未来塾第6回塾「みそを食べよう(味噌づくり)」を開催します。

 当初1月下旬に開催予定でしたが、地元の麹づくりの時期が合わないため、3月4日開始となりました。
 毎年の恒例事業のようになりましたが、地元の大豆と地元の米の麹を使って、味噌づくりをします。
 また、昨年作った味噌で、みそ汁なども作ります。
 昨年も参加し、味噌の量で24㎏を作った家族は、昨年おいしい味噌ができたので、今年も24㎏を作りたいと張り切っています。
 Misodukuri21 味噌づくりはみんなでやれば以外に結構簡単だし、手入れもそれほどではないが、熟成まで最低でも6ヶ月ほどかかる。昔はどこの農家でも作っていたのですが、買った方が早いという訳で、農家でもこの頃は余り作らなくなっています。
 地元産の大豆は、甘みもあって、味噌にすると格別においしいものです。
 農村文化の代表とも言える味噌づくりをとおして、農村文化の素晴らしさを再認識していただければと、未来塾では毎年開催しています。
 今年も飛び入りで、大人の方も参加します。
 少しでも多くの人に、農村文化の素晴らしさと農村の食の豊かさを味わってもらえる機会にしたいと思います。

 管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月4日(日) みずすまし未来塾第5回塾「秋の収穫その3 大根の収穫 お雑煮を作ろう」を開催しました。

冬型の強風の吹くあいにくの天気の中、秋の収穫その3の大根の収穫と収穫した大根を使ったお雑煮つくりの開催です。
 当日は、強風がすごくて、時折小雨の降る中でしたが、アグルステーションかなんに集合し、畑で、大根の収穫(残っていた白菜、カブ、青菜、ブロッコリ)の収穫を行いました。
 寒い中でしたが、やはり収穫は楽しいものです。先月収穫した、白菜や大根もおいしくて、今回も残っていた大根以外の野菜も、競って収穫しました。
 収穫後は、北村の農業研修センターに移動して、お雑煮作りです。
 収穫した大根を使ってのお雑煮ですが、この辺では一般的な、鶏肉のだしを使って作りました。
 昔は、焼ハゼのだしを使ったり、ほやのだしを使ったお雑煮もありますが、この頃は鶏肉のだしが一般的です。
 大根は、引き菜といって、細切りにして、一度茹でて、軽く絞って使いますが、今回は細びりをそのまま使いました。
 鶏肉のほか、しみ豆腐、人参の千切り、ささがきゴボウ、セリ、あれば里芋の茎を乾燥させた「いもがら」も入れます。
 醤油で味をとって、つきたてのもちを入れて完成です。
 しかし・・・・・、今回はもちつき機でついたのですが、今回は、蒸かし方やつき方がうまくできなくて、芯のようなものが残ったり、つきすぎて柔らかくなりすぎてしまいました。
 でも、お雑煮にすると、まあ餅というか汁に溶けてしまいそうな柔らかさで、はじめて味わうお雑煮になってしまいました。
 その分、消化は良さそうで、お代わりをしながら、おなかいっぱいにみんな食べたようでした。
 Motituki1 機械に不慣れなため、うまく餅がつけませんでしたが、自分たちが育てた大根のうまさを十分に味わえたお雑煮になったようです。
 いよいよ次回は、最終回の「味噌づくり」です。
 日程を変更して、3月の第1日曜日に行うことにしました。
 管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月6日(日) みずすまし未来塾第4回塾「秋の収穫その2 白菜の収穫」を開催しました。

曇り空の比較的暖かな天気の中、秋の収穫その2の開催です。
 8月28日の第1回目で植えた、キャベツ、白菜、ブロッコリーの苗は、順調すぎるほど育って、白菜は小さな子どもは抱えられないほどの大きさに育っていました。
 また、大根は種から育てましたが、こちらも順調(根切虫などの被害もあって、蒔き直しもしましたが・・・)に育って、次回、お雑煮作りで使う分を残して、大根も収穫しました。
 白菜は、株の一番上、頭を手のひらで押してみて、硬くなっているものを収穫します。結球すると頭を押してもわかるほど硬くなるからです。
 Hakusai1 まだ結球していないものは、頭を押してみると柔らかいのです。
 収穫する株を決めたら、両手で倒して横にして、根元を包丁で切って収穫します。余分な外側の硬い葉を取り除きます。
 ブロッコリーは、一番上の花蕾に下葉を3、4枚付けて、包丁で切って収穫します。収穫したあとも、葉の脇の方から側花蕾が出てくる(2月頃まで収穫できる。)ので、茎を余り長くとらないように収穫します。
 茎も柔らかくて、茹でて食べたり、シチューやカレーなどに入れてもおいしいです。
 大根の収穫は、大根の葉と茎を両手で束ねるようにまとめて持って、大根を上下左右に揺すりながら引き抜きます。
 揺すらないで、引き抜こうとすると結構大変ですが、上下左右に揺するながら抜くと、結構簡単に抜くことができます。
 子どもたちも、大きい白菜や、大根と格闘しながら、収穫の楽しさを味わっていたようです。
 また、収穫した大根を生でかじると、甘くてみずみずしくて、ビックリするほどおいしい味でした。
 とれたての大根の味は最高です。大根は薄くスライスして、ハムやミズナなどとサラダにして食べるのもおいしいです。
 白菜は鍋やシチューなどももちろんですが、千切りにして、サラダで食べるのもおいしいです。

 また、この辺では、秋に収穫した大根や白菜を漬物のほか、冬に備えて、畑に穴を掘って、稲わらを敷き、土をかけて保存しておきます。
 3月頃まで、掘り起こして、利用しますが、寒さとともに、大根や白菜は甘みを増して、もっと甘くおいしくなります。
 また、長期間でなければ、乾燥を防ぐため新聞紙に包んで、陽の当らないところに保存しておきます。
 その他、蕪や残していたさつまいもも収穫しました。
 塾生の家の夕飯には、白菜や大根が盛りだくさんにのぼったことでしょう。
 夕飯を食べながら、収穫の楽しさ等の話題も食卓にのぼっていたと思います。
 未来塾の親子での参加(特にお父さん)を基本としているのは、親と子が同じ体験を共有することが重要だとの思いからです。
 体験を共有し、親の考えや子どもの考え等を話しあったり、価値観を共有できたり、何より親子の絆も深まるなどさまざまな場面で経験以上に広がりがあります。

 次回は、収穫を残しておいた大根の収穫とその大根を使ってお雑煮作りです。
 今年はじめての口から学ぶメニューです。
 追伸 管理人の家では、カブは漬物に、大根はハムとミズナでイタリアンサラダに、白菜は油揚げとの煮びたしでおいしくいただきました。Hakusai3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月16日(日) みずすまし未来塾第3回塾「秋の収穫その1 さつまいもを食べよう」を開催しました。

前日から朝までの強い雨で畑はどうなっているのかと心配しながらの開催となりましたが、雨もすっかり上がり、真夏のような天気の中、さつまいもの収穫を行いました。
 事前に、只野代表が畑に植え付けていた、さつまいもも順調に生育していました。
 畑は、思ったほどぬかるみもなく、最初にさつまいものつるを取り除き、雑草が生えるのを防いでいた、黒いビニールを取り除き、収穫です。
 Satumaimohori1 まるでさつまいもとは思えないような、大きな芋がごろごろ収穫できました。
 中には、子どもの顔より大きな芋もあり、歓声をあげながら収穫していました。
 さつまいもの料理方法などの情報交換をしながら1時間程で収穫を終えました。
 これまでの未来塾でも、イカとさつまいもの煮物や芋ようかん、焼き芋なども作りましたが、今回も、収穫したイモは、持ち帰り、各自さまざまに料理して、秋の味覚を味わったのではないでしょうか。
 その後、すぐ近くの世話人楯石さんの家に移動し、柿の収穫も行いました。
 300年は経つという、大きな柿の木で、この辺では「きざわし」と呼んでいる、甘柿ですが、たまに渋いのもあります。
 竹の棒を使って柿取りに夢中になっていました。
 柿の収穫は枝を折って収穫します。柿はその年に伸びた新しい枝に花芽を付けて、花を咲かせ実を付けます。
 そんな訳で、新しい枝を出すために、収穫するとき枝を折るのです。
 昔から「梅折る馬鹿に柿折らぬ馬鹿」といいますが、梅は前の年に伸びた枝に花芽を付けます。収穫の時、新しい枝を折ると、次の年は花が咲かなくなります。
 昔の人の言い伝えは、こんな経験から出ているのもあるんですね。Satumaimohori1_2
 また、柿の渋抜きの方法(大きさにもよりますが、度数の強い焼酎をヘタのところにつけて、ビニール袋に密封して1週間ほどで渋が抜けます。)なども教わりながら、柿の収穫も楽しみました。

 次回は、白菜の収穫です。
 第1回塾で植えた白菜も大きく育って、中にはもう結球してきているものもあり、次回の収穫も楽しみです。
 管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

9月25日(日) みずすまし第2回塾「里山の栗を食べよう」を開催しました。

先日の台風一過の秋晴れの天気の中、里山の秋の味覚、栗拾いを行いました。Kurihiroi1_2
毎年、協力していただいている、北村踏返の大島さんの栗林での栗拾いです。
今年は、旭山農業体験実習館が震災の影響で使えないので、旭山のふもとの「北村農村交流センター」に集合後、大島さんの栗林に移動しました。

大島さんのお話では、今年は、暑さが続いたせいもあって、栗の虫が多かったとのことでした。
また、アメリカシロヒトリの大量発生もあって、すべての葉が食べられて、収穫が全くできない木もあったとのことでした。
Kurihiroi2 しかし、きれいに整備された栗林には、大きな「たば栗」がごろごろ落ちていて、子どもも大人も歓声をあげながら、栗拾いに夢中になっていました。
1時間もたたないうちに、バケツや、買い物袋にたくさんの栗を拾ったようでした。

栗拾いの後、栗林の林辺にたくさん生えている、「ヤマグワ」の木の観察を行いました。
「ヤマグワ」はこの辺の里山に多く自生しているどちらかというと「きらわれもの」です。
養蚕の盛んだったころはこの「やまぐわ」の葉も餌にしていたようですが、今は使い道がなく、結構林辺に頻繁に生えてくるので、刈っても刈っても生えてくる丈夫な木です。
面白いことに、この木は、形の違う葉が一本の木に着いているのが特徴です、
葉が一か所裂けた一分裂葉、3か所裂けた3分裂葉、5分裂葉、裂けてない葉が一つの木についていて面白い木なのです。

そんな里山の木を観察したあと、大島さんから、ゆで栗のゆで方や、天ぷらなどの栗料理も教えてもらいました。
ゆで栗は、洗った栗をひたひたくらいの水で茹でるが、ゆで汁が無くなるまで中火で茹でると、ほくほくの茹で栗になること、その場合鍋が黒くなるので、使い古しの鍋を使うことや、川を剥いた栗のてんぷらがおいしいので天ぷらもお勧めとのことでした。
また、栗の皮の剥き方は、水に30分ほど浸けると、皮が軟らかくなって、簡単に剥けるようになるとのことでした。

管理人も拾った栗の皮を剥いて、天ぷらにしようと思ったら、家族の多数決で栗ご飯に変更になり、天ぷらは残念ながら作れませんでした。
しかし、新栗がたくさん入った、栗ご飯は格別でした。
塾生の皆さんの夕飯も栗ご飯も多かったのではないでしょうか。
里山の恵みを楽しんだ一日でした。
次回は、サツマイモの収穫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

8月28日(日) 2011年度 みずすまし未来塾 第1回塾 「開塾式と秋野菜の種を蒔こう」を開催しました。

 今年度は、震災の影響もあり8月からの開催です。N1
 第一回塾は開塾式と秋野菜の種まきと苗の植え付けをしました。
 秋の気配の感じられるさわやかな天気に恵まれ、塾生の自己紹介と秋野菜の植え付け、 只野さんの畑の野菜の収穫と最後はスイカでのどを潤しました。
 管理人の斎藤は、当日出席できなかったので、詳しくは、メンバーの楯石さんが詳細を教えてくれました。

 立石さんの参加の報告です。
 7組の親子で楽しくにぎやかに作業してまいりました。
キャベツ、ブロッコリー、白菜の苗を植えました。マルチに穴をあけて一本づつ植えていきました。
 すこし苗が伸びすぎてはいましたが、特に女の子は器用に丁寧に植えていました。
大根の種は直に2粒づつ両側に播きました。 U1  
 順調に種まき作業も終わったので、只野代表より今度は農園のある野菜をいくらでも採り放題してとのことで お父さん、お母さんは、なす、かぼちゃ、キャベツ、とうもろこしなど袋いっぱいに入れて、喜んでいました。

 最後に、ここで採れた良く冷えたおいしいスイカ、ハウスにたわわに実った甘い巨砲をみんなでいただき
 Si1 少し早めの解散となりました。

写真も立石さん撮影です。
管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年度 みずすまし未来塾 塾生を募集しています!(追加募集をしています。)

 久々のブログの更新です。
 U2しばらく放置状態で,管理人としていつものことながら,申し訳なく思っています。
 さて,2011年度も震災に負けず,「みずすまし未来塾」を開催することになりました。
 石巻市は東日本大震災で,6月末現在,死者3126人,行方不明者1012人,全壊住家18,900棟と未曾有の大きな被害を受けました。
 震災から5か月が過ぎ,瓦礫の撤去等も少しづつ進み,いくらかでも復興の兆しも見えてきているように感じます。
 みずすましの未来塾も,本年度は,3月の東日本大震災の影響で,活動の拠点としてきた旭山農業実習館の会場も使えない状態もあり,また被災された方々も大勢おられる状況等から,11年続けてきた,「みずすまし未来塾」を今年度開催できるか,したらいいのか検討を重ねてきました。
 こうした状況の中ですが,震災に負けず,子どもたちがのびのびとふるさとの自然の中で,さまざまな体験活動を行うことは,逆に今必要ではないかとの考えから,本年度も時期をずらして「みずすまし未来塾」を開催することとなりました。
 「みずすまし未来塾」をとおして,地域の良さを再発見し,ふるさとに誇りを持てる子供を少しでも育むことができたらと考えています。
  8月末から来年の1月まで,時期をずらして本年度は開催することとして,現在塾生の募集を行っています。
 何より楽しい体験活動が盛りだくさんですので,みんなで楽しく活動してみませんか?。
 皆さんの参加お待ちしています。
 募集の詳しい内容は,ホームページのメニューの「これからこんなことをします。」をご覧ください。 現在追加募集を行っています。
 気軽にメールでお問い合わせください。

管理人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

今年度も震災に負けず「みずすまし 未来塾」を行います。

 さてさて、3月11日の震災から2カ月が過ぎました。
 みずすましは何してるんだろうかと言われてるのかも知れませんね。
管理人も市役所勤務なもんで、更新はなかなかできないというか、更新する情報が無かったのです。
 と言い訳してますが、今年度も「子ども夢基金」の助成を受けて、未来塾を行うこととしていましたが、会場となる農業体験実習館は、震災の応援に来ていただいている方々の宿泊所になっており、また、その他の会場も、避難所等で使用しているため、開催できない状況にあります。
 先日、月例会で、活動をどのようにするのか話し合いました。
前半は計画どおりには開催できないので、夏休みから後半1月まで、内容を少し変更して開催することにしました。
 会場は、体験実習館の状況を見ながら、畑や山などを活用して、何とか開催したいと思います。
 予定として、7月あたりに、塾生募集を行い、第1回目は8月下旬になります。
 今年も、「ふるさとの食材・ふるさとの味」をテーマに様々な体験活動を展開したいと考えています。
 申込開始は、7月中旬ころになりますので、もう少しお待ちください。
 震災にめげずに、子どもたちと今年も自然の中で活動します。
 お知らせでした。

管理人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

東日本大震災 石巻市の「みずすまし」を襲う!。

Photo_6   3月5日のみずすまし未来塾付け足し講座「味噌づくりをしよう」のブログをアップしていないのに、突然の震度7の大地震と大津波に襲われたみずすまし。
 管理人は、職場(市役所)で、被害の対応に追われ、ブログで伝えることができなかったけど、15日目で、やっと夜家に戻れたので日記を書いてます。

 3月11日の午後2時46分、市役所の職場で、これまで経験したことのないような(実は8年前の宮城県北部でも震度6強を何度も経験済み。)揺れ、高さのある、台帳のロッカーは轟音とともに、机にのしかかり、壁にはひび割れ。
 振れが収まり、来庁中の市民の方々の避難を確認し、職員も外に避難したところ、大津波警報が発令。避難した、市民や学校帰りの高校生等でごった返す駅前広場に、警察官が高台に避難するよう、マイクで呼びかける。
 庁舎は海から離れているので、6階建ての市役所に戻り、被災状況の確認に追われる。
 実は石巻市の庁舎は前はデパート。したがって窓が全くなく、電気が消えれば昼でも暗い。非常電源が作動しているのでいくらか明るい。
 余震が続く中、外の様子を見るが、変化が無い。
 どれくらいの時間が経ったのだろう・・・・。徐々に海から遠い駅前なのに道路に水があふれてくる。
Photo_5   
 続々と石巻の被害が、集まってくる。被害の情報が入るにつれて、ことの大きさがわかってくる。
 地震被害より津波被害が甚大。
 海沿いの南浜町、北上川の河口付近の門脇、湊方面は津波に飲まれたようで、残っているのはコンクリートの数個の建物。
 市内の中心部は、翌朝は津波の水で車も水没し、道路はまるで湖のよう。

 それから数日後、対応に追われ、あれほど喜んだ中心部の水が引いた日が15日か16日か、いつだったか、日にちの感覚もなくなってしまっている・・・。
 人口16万余りの市の中で、死者は、1万人以上になる可能性もあると発表されるほどに、被害の深刻さがわかってくる。(3月28日の午後5時47分現在、宮城県警発表 死者2,127人、行方不明者2,720人。3月27日現在だそうです。県内で一番多い。)

 避難所はピーク時は、150か所以上、避難所だけで約40,000人の数。
 ビルなどに複数で避難している人は、129か所、28,000人。
 自宅の2階で避難している人を含めれば、どれほどの支援を必要としている数になるのだろう・・・・
 市職員の数では、絶対的に足りない未曾有の大被害。これまでの被害想定を超え過ぎている。

 

 何日か前からなのか、記憶が定かではないけれど、携帯電話や固定電話も復旧し、全く無かった通信手段が復旧、水道や電気の復旧も徐々に復旧し始めている。

 情報はテレビ、インターネットなどの方が早かったと思うんでその辺の状況はマスメディアに任せて、省略させていただきます。

 今日28日は、地震から18日目。慣れるのかと思うけど、慣れもせず、市役所に泊まり込み。災害対応に追われている。市民と同じように、家も何もかも、何よりもっとも大事な家族を失った職員、そして職員自身も津波にのまれ亡くなった人もいる・・・。
 そんな中でも、連日疲れきって精神力だけの毎日で市民のためにがんばっている。

 日にちの経過とともに毎日のように問題もさまざまに変化し、試行錯誤の連続。
 
 みずすましの今年度の活動もまだまだ先のことになりそう。

 全国各地から、続々応援をいただいている。自衛隊、自治体、民間・・・・・。

 ありがたくで、本当に心強い。それでも・・・

 今もこれからも、足りないものの一つは「人の力」・・・・・・・・・・・。ボランティアもまだまだ足りない・・・・。
 ボランティアの語源は「志願兵」。何とかしなければと止むに止まれぬ、止めようと思っても止められない、そんな思いをお持ちの方は、ぜひぜひぜひ応援を!。

 ボランティアの詳細は、市のホームページに掲載されています。

http://www.city.ishinomaki.lg.jp/hishokoho/link_2_3_2_2_2_2.jsp

 写真は、偶然に手に入った携帯カメラで撮影した三陸海岸南の石巻市雄勝町です。バスが乗っているのは、雄勝の公民館、もう一つは壊滅的被害を受けた雄勝の町並です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«みずすまし未来塾付け足し講座「味噌づくりをしよう」の参加者を募集しています。